ビューティー&ヘルス だるい! 肩こり! 疲労感! 6月の「梅雨だる」を撃退する簡単リフレッシュ術3

雨が続き、なんとなく憂鬱な気分になってしまう梅雨時期。ウーマンウェルネス研究会の調査によると、女性が1年で最も不調を感じるのが「6月」なんだそう。さらに、7割以上の人が、身体や精神面で何らかの不調を抱えている実態が明らかになりました。

7割以上の人が感じている梅雨時期のストレス

梅雨時期に感じる不調としては、「だるい」(44.1%)」、「肩こり」 (41.8%)、「疲労感」(32.2%)、「憂鬱な気分になる」(28.0%)、「やる気がしない」(23.2%)といった症状が挙げられ、身体の不調に加え、精神面の不調も現れているようです。

kenjo_20150625_02

梅雨ストレスによる不調=「梅雨だる」の原因とは?

6月に不調を感じる人が増える「梅雨だる」、その原因は何なのでしょうか? 女性の健康とライフスタイルに詳しい産業医の福田千晶先生によると、「あらゆる気象条件がめまぐるしく変わり、体調をコントロールする自律神経の働きが乱れやすくなっているから」だそう。また、梅雨時期は湿度が高く、皮膚表面の汗が蒸発しにくくなっていたり、クーラーを使い始めるタイミングでもあるため、身体や衣服が濡れた状態でクーラーにあたってしまうと、知らず知らずのうちに身体が冷えていることも。このような梅雨特有のストレスが複合的に重なり、「梅雨だる」を感じる人が増えてきているのではないかと指摘しています。

kenjo_20150625_01

▼「梅雨だる」を撃退! 3つのリフレッシュ法は次のページで!

1 2