ビューティー&ヘルス 【ビューティー通信】睡眠環境を整えて眠りの質を高め、ストレスに負けないカラダを手に入れよう

季節は廻り、暦の上では秋。とはいえ、まだまだ暑さから逃れられず、秋とはなかなか思えませんが、それでも9月も半ばになれば朝夕に秋らしさを感じるはず。暑さから解放されれば、快適に過ごせるようになり、いろいろとチャレンジしたくもなりますが、最近は新型コロナウイルスの長期化の影響でいろいろと制限され、これがストレスとなり「コロナ疲れ」を訴える人も増えています。こうしたなか今、“睡眠”に視線が集中。

心身の疲労回復を担う睡眠。しかし、世界一睡眠時間が短い日本人。理想の睡眠時間は7~8時間と言われていますが、実際は「6時間未満」と短い人が多いよう。睡眠不足だと、疲労感が抜けず、日中のだるさや集中力や気力の低下につながるだけでなく、寝ている間のリカバリー機能がうまく働かないために、肌あれやクマ、お疲れ顔の原因にも。

とはいえ、帳尻を合わせるがために週末に寝だめをすると、これまた体内リズムが乱れ、月曜日には“時差ボケ”状態となり、週初めからツラい状態に。大切なのはあくまでも「睡眠の質」。布団に入ってから10分以内で眠りにつき、途中覚醒することなく、すっきりと起きられるのがベストです。しかし何かとストレスが多い現代において、これがなかなかかなわないんですよね。

そこで、質のいい睡眠を得るために、睡眠環境を見直してみましょう。

あなたの睡眠は、“質のいい”睡眠?

重炭酸イオン温浴で眠りやすい準備をし、疲労回復を狙う

質のいい睡眠に欠かせない入浴。40度前後のお湯にじっくり浸かることで、血行が促進され、カラダをリラックスさせるだけでなく、温浴効果によって上がった深部体温が下がることで自然な眠りへと誘います。そのため、就寝時刻の90分前に入浴をするのが効果的。

さらに、入浴剤を使うのもおすすめ。ドイツの自然療養泉をヒントに研究、開発された「BARTH(バース)」は、健康維持など多くの効能があると言われる“中性重炭酸泉”。そもそも炭酸ガスがお湯に溶け込むことで生まれる重炭酸イオンは、中性のお湯に溶け込む性質があるため、BARTHは独自技術によってお湯を中性に保ち、重炭酸イオンを多く、長く溶け込ませることに成功。

これにより、より効果的な温浴効果が期待でき、代謝の向上や老廃物の排出、さらには、疲れた心身を和らげ、ぐっすり眠り準備が整います。湯船に3錠を目安に溶かし、37~40度のぬるめのお湯に15分以上ゆったりと入浴するのがポイント。さらに、入浴中、お湯の中でカラダや頭皮を優しくもみ込むことで、肌の透明感が高まり、しなやかな髪へと回復してくれますよ。

薬用BARTH中性重炭酸入浴剤 9錠 900円、30錠 2,500円、90錠 6,000円/TWO

薬用BARTH中性重炭酸入浴剤 9錠 900円、30錠 2,500円、90錠 6,000円/TWO。

1 2