ビューティー&ヘルス 免疫力を高めたい!日常生活に取り入れたい、簡単な3つのこと

新型コロナウイルスだけではなく、これからの季節は風邪やインフルエンザなどへの感染の心配も出てきます。そして、感染しないための対策として自分で出来ることのひとつに「免疫力を高めること」が挙げられるでしょう。

では、どのようなことをしたら免疫力が高まるのでしょうか。

1.血流を促進する軽い運動を

免疫力を高めるための3つの大きなポイント。まずは1つめの“運動”です。

運動をすると身体中の筋肉が使われて血行がよくなります。その結果、血液に乗って運搬される酸素や栄養が全身に行き渡るようになり免疫力が高まるのです。

また、ストレスがあると免疫細胞の働きを抑制するホルモンが分泌され免疫力を低下させる大きな原因になるのですが、軽い運動はストレス解消にも一役買ってくれます。

例えば、自宅で出来るヨガやストレッチ、スクワットのような運動、ウォーキングなどゆったりと徐々に体温が上がるような運動を取り入れるとよいでしょう。激しい運動や長時間の運動は筋肉組織の修復が必要となり、そこに免疫細胞が集中してしまうことから免疫力の低下につながると言われているので「軽め」「適度」な運動を心がけて。

自粛期間中に運動不足になってしまったという人は、15~20分くらいの運動からスタートしてみてはいかがでしょうか。

ヨガなどの簡単なストレッチをするだけでも、運動不足解消になります。

2.就寝後「最初」の深い眠りがポイント

2つめは“睡眠”。

睡眠不足もまた、免疫力を低下させてしまいます。というのも、免疫力は睡眠中に保たれたり、高められたりするから。ここで言う免疫力は、就寝後、最初にやって来る深い眠りのときに分泌される成長ホルモンによるもので、ダメージを受けた細胞の修復や疲労回復に働くのですが、睡眠の質が悪いと十分な量が分泌されないこともあります。

テレワークによって生活のリズムが乱れている人の多くは、睡眠の悩みを抱えているのではないでしょうか?心当たりがある人は、睡眠の質をよくするために次の項目を参考にしてみてください。

・なるべく決まった時間に起床、就寝する

・起床後はカーテンを開け、朝日を浴びて体内時計をリセットする

・日中に軽い運動をする

・夕方からはノンカフェインの飲み物を

・夕食は就寝3時間前には済ませる

・シャワーだけで済ませず、ぬるめの湯船に15~30分ほど浸かる

・締め付けが強くなく、吸湿性・放湿性のよいパジャマを着る

・エアコンを使い寝室の温度と湿度を調整

・就寝前のパソコン、スマートフォンの使用は控える

いくつもありますが、まずは出来ることから取り入れていきましょう。

1 2