ビューティー&ヘルス 免疫力を高めたい!日常生活に取り入れたい、簡単な3つのこと

3.免疫力UP食材「まいたけ」を取り入れる

最後は“食事”です。今回のテーマは免疫力ですので、免疫力UP食材・まいたけにフォーカスしていきましょう。

2020年8月27日、株式会社 雪国まいたけは「コロナ禍の猛暑に負けない身体づくり」をテーマとしたメディア向けセミナーを開催。

その際、女子栄養大学栄養学部 教授 上西一弘氏は、猛暑時の免疫力維持の重要性とそのためにはビタミンDが重要な働きをするとの見解を述べました。ビタミンDはカルシウムやリンなどのミネラルの代謝、恒常性の維持、骨の代謝に働く栄養素であり、1981年には免疫細胞に作用することが報告され、体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退する免疫のサポートをすることもわかっています。

そんなビタミンDなのですが、供給源は魚やキノコといった食品と紫外線にあたることでの皮膚での合成ですのでどうしても不足しがち。そこで注目したいのが、キノコ類のまいたけ。100gの摂取で、1日に必要とされるビタミンDの半量の4.9μgを摂取できるというのです。

いつものメニューにまいたけをちょい足し。

今でこそ暑さが厳しい日が続いていますが、これからやってくる日照時間の短い冬季は紫外線に当たる機会がグンと減るため、ビタミンD不足を避けるためにも食品からの摂取が大切になってくるのです。まいたけは和洋中いろいろな料理との相性がよく、さらには通年摂取できる身近な食材なので、これを機に食卓への登場率を上げてみてもいいかもしれませんね。

運動に睡眠、食事。免疫力の高い身体で残りの夏、これからやって来る寒い冬を元気に乗り切りたいものです。

【参考】株式会社 雪国まいたけ https://www.maitake.co.jp/index.php

1 2