ビューティー&ヘルス コロナの不安やストレスで夜中に何度も目が覚めて、熟睡できない…。良い睡眠に必要なこと

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちは緊急事態宣言を始めとして、リモートワークやマスク着用生活など、これまでにない新しい生活様式を強いられてきました。実は、このような新型コロナウイルスの影響は、睡眠にも大きな影響を与えているのです。

眠れないからついスマホをいじってしまう……、それって悪循環ですよ!

新しい生活様式で、運動不足やストレスが不眠に

先日、寝具ブランドのトゥルースリーパー主催による『Withコロナ時代の睡眠課題』と題したセミナーが、オンラインで開催されました。 最初に登壇したのは、心療内科医で、ブレインケアクリニック名誉院長の今野裕之先生。 

心療内科医の今野裕之先生。

今野先生曰く、夜に何度も目が覚めたり、寝付けなくなったという患者さんが、コロナが流行してから増えたそうです。このように、働き盛りの堅実女子だけではなく、不眠はみんな共通の悩みのようです。

「新型コロナウイルスが収束するまで、まだ時間がかかります。仮に、国内が収束しても、国外からの流入の可能性もあります。感染拡大を防ぐには、新しい生活様式を続けるしかないのです」

しばらくはリモートワークや、密を避けるなど、人との接触を避けた生活を続けるしか対策がないようです。有効なワクチンや治療薬がないWithコロナ時代は、不要不急の外出を避けることが常識となります。

長引く新型コロナウイルスによる影響ですが、皆さんの睡眠状態はどのようなものでしょうか?今野先生による「睡眠障害セルフチェック」で、当てはまるものはいくつありますか?

睡眠障害セルフチェック

□ 以前よりも寝付くまで時間がかかる

□ 夜中何度も目が覚める

□ 以前より早く目が覚め、その後寝付けない

□ 眠りが浅い

□ 日中、眠くて仕方がない

□ 朝、なかなかベッドから起き上がれない

□ よく眠れないため、体がだるい・意欲が出ない・集中力が低下するなどの症状がある

□ よく眠れないため、頭痛や肩こり、胃腸の痛みなど体の不調がある

上記のような症状が、1つでも1か月以上続いたら、不眠かもしれません。

1 2 3