ビューティー&ヘルス 2人に1人が「ワタシらしくなくなる」と感じる!?女性特有のPMSの悩み!

毎月やってくる生理。暑い季節は蒸れるしベタつくし、いつもより不快に感じる人も多いのでは? 不快感からイライラしたり、不調も高まる気がしますよね……。そんな、生理時のイライラや不調といえばPMS(月経前症候群)。ゼリア新薬工業が行ったPMSと人間関係に関する意識調査からは、女性のリアルな悩みが見えてきました。

月経前に「イライラ」を感じる人はなんと全体の51.3%!

PMSは生理開始の3~10日くらい前から始まる、精神的、身体的症状です。精神的にはイライラしたり情緒不安定だったり、憂うつな気分。また、身体的には下腹部や胸の張り、眠気、疲労倦怠感など、症状は人それぞれ。そこでまずは、「月経前に精神的、身体的症状を感じるか?」と聞くと、 なんと85.9%の人が何らかの症状を感じていることが判明!症状の1位は「イライラ」(51.3%)。次いで、2位が「怒りっぽくなる」(38.5%)、3位が「乳房のはり・痛み」(35.4%)となりました。
0710a PMSが原因で身近な人に八つ当たりをしたことがあるという人も55.1%と多く、さらに八つ当たりした後に88.6%の人が自己嫌悪に陥っていることもわかりました。PMSが人間関係や自分自身の精神面に、マイナスな影響を与える傾向があることが伺えますね。

▼月経前はパートナーとのケンカが増える!?そこから破局に至った人も!

どうやら、およそ2人に1人が月経前は「わたしらしくなくなる」と考えているそう。そこで、「月経前に家族や友人、恋人など身近な人への思いやりが欠けると感じる」という人の割合を調べてみると、その数は全体57.4%に上りました。で、また、パートナーとのケンカの頻度が増えると答えた人も全体の58.0%もおり、中には月経前のケンカが原因で破局してしまったカップルがいることも判明!

▼PMSは仕事にも影響が出る!?

PMSが原因で仕事上のトラブルを経験した人も多数……!

「仕事の同僚や部下に八つ当たりをしたことがある人」は12.8%と低め。しかしその一方で、上司、同僚、部下といった周囲の人のPMSによる機嫌の変化を感じたことがある人は、33.3%にのぼりました。
0710b 自分や周囲のPMSによる、仕事上のトラブルを経験したことはある人も7.4%。「口論が多くなる」「機嫌が悪く他人とコミュニケーションをとることがストレス」「集中できずミスが多くなる」など、PMSは仕事面でもよくない影響があることがわかりました。どんなに辛さは隠していても、意外と不調は周りに気付かれているのかも。

また、「月経前、家事に対する気持ちや行動に変化はありますか」という質問に対しては、「なくなる」と答えた人が42.4%。そして、なくなりはしないけれど「雑になる」と答えた人が33.3%と続き、気配りや集中力が散漫になることもわかりました。

対策は大丈夫?自分がPMSだと認識している人は53.4%!

しかし、つらい体験はしていても、「自分がPMSだ」と認識している人は53.4%にとどまりました。また、症状を感じながら「特に対策をとっていない」という人も42.3%と多く、生理の前にやってくる精神的・身体的症状がPMSだと認識しておらず、対策もとっていない人がまだまだ多く存在する現状が浮き彫りになりました。

辛さを和らげる方法もさまざま。お手軽なところは、無理をせずに安静にしたり、暑いからと言ってクーラーで身体を冷やし過ぎないようにしたり……。また、最近ではPMSのいろいろな症状を和らげてくれる市販薬もあるので、上手に取り入れて夏の不快な生理期間を乗り越えましょう。

【調査テーマ】
PMS(月経前症候群)が人間関係にもたらす影響
調査対象:20~40代の女性1, 200名
調査方法:インターネット調査 調査期間:2015年6月13日~14日
調査地域:全国
※調査結果の数値は小数点以下を適宜四捨五入して表示しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。