ビューティー&ヘルス これもコロナ禍ストレス?抜け毛に悩む女性が増加中。原因は……なんとなく思い当たりますよね?

最近、髪の毛がよく抜ける気がする……。なんとなく髪の分け目が薄いような……。も、もしかしてこれは抜け毛?薄毛!? 

春からの新型コロナウイルス感染拡大の影響は、私たちの健康面にも大きな変化をもたらしているようです。そのひとつが、抜け毛や薄毛。若い女性や子どもにも増えていると聞きます。原因を知って、上手に対策を取りましょう。

育毛・発毛の医薬品の研究で実績のある大正製薬の出浦小織さんにお話を聞きました。

出浦小織(いでうら・さおり)さん 大正製薬株式会社 セルフメディケーション研究開発本部。 

原因はストレスだけではない

抜け毛の原因について理解することは、その正しい対策を取る近道です。

—–まだ薄毛を気にする年齢ではないのに、コロナ禍以降、抜け毛を気にする女性が増えているようです。原因は何でしょう?

「考えられるのは、まず生活習慣の変化ですね。生活時間の変化によって食事の時間や睡眠時間が不規則になってしまった方も多いと思います。

家庭で食事をする機会が増える中、栄養バランスの取れた食事が、毎日できるとは限りませんよね。生活時間の変化から、食事が2回に減ってしまったり、献立が好きなメニューにかたよってしまったり。髪の材料であるタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂れていないと、毛髪の成長に影響します」

——家で3食、食べるのはたしかに面倒かも……。夜更かしが増えて朝起きるのが遅くなり、朝昼がいっしょになってしまうことも増えます。

「そうですね。さらに、外出もなるべく控えたいという状況で、運動不足になりがちです。運動不足は身体全体の血行に影響します。血流が悪くなれば、頭皮の血流も悪くなり、それが毛髪の成長にも影響します。

睡眠時間の変化も大きな要素と考えられます。

人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌されますが、これは髪の成長にも重要なホルモンです。夜22時〜2時ぐらいが、もっともよく分泌される時間帯といわれています。この時間に起きていると、成長ホルモンの分泌量が減り、髪にも影響が出て来るわけです。もちろん、睡眠不足は、身体全体にもよくないですよね」

——-よく「ストレスが原因で抜け毛が増える」という話を聞きます。ストレスと抜け毛は、どういう関係があるのですか?

「人によってストレスの影響の出方は異なりますが、ホルモンバランスや自律神経の働きになんらかのダメージが出ると考えられます。その影響で食欲がなくなってしまったり、夜眠れなくなったりすれば、先に述べた栄養不足や成長ホルモン不足などにつながっていきますよね」

——自律神経に影響するということは、心身のどこかに何らかの変調が出る可能性があるということです。それが抜け毛につながる人もいるということですね。

1 2