ビューティー&ヘルス 免疫力やお肌が気になる人は「ビフィズス菌×イヌリン」入りのヨーグルトに注目!

短鎖脂肪酸をつくるには?

短鎖脂肪酸をつくるためには「(1)大腸で働く有用菌」と「(2)有用菌のエサとなる水溶性食物繊維」の2種類を摂取することが重要なんだそう。

このうち、(1)の大腸で働く有用菌の代表が「ビフィズス菌」。大腸に生息し、短鎖脂肪酸を作るとか。

そして(2)の有用菌のエサとなる水溶性食物繊維は、根菜や海藻などに含まれます。例えばゴボウに含まれる「イヌリン」や、わかめに含まれる「アルギン酸」です。これらは意識して摂らないと、不足して有用菌を減らしてしまいます。

「ビフィズス菌×イヌリン」入りヨーグルトの可能性

新しいヨーグルトに注目!

そこで、注目のフードとして取り挙げられたのが、ビフィズス菌と水溶性食物繊維イヌリンを配合したヨーグルトです。

セミナーでは、株式会社メタジェン代表取締役社長CEOで慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任教授の福田真嗣先生が監修し、帝人株式会社が実施したin vitro 比較実験結果も紹介され、ヨーグルトの製造に必要な乳酸菌のみが含まれる「一般的なヨーグルト」と、乳酸菌の他に大腸で働くビフィズス菌や、そのエサとなる水溶性食物繊維イヌリンを添加した「ビフィズス菌×イヌリン入りヨーグルト」がそれぞれ、短鎖脂肪酸の産生量や腸内細菌叢などにどのように影響するのかが解説されました。

結果、ビフィズス菌×イヌリン入りヨーグルトのほうが、酢酸量や総短鎖脂肪酸量、そしてビフィズス菌が有意に増え、大腸で働くビフィズス菌も有意に増えたといいます。

そして「これがヒトの腸内でも起きるかどうかは臨床試験を実施する必要があるが、腸内細菌叢の状態は人によって異なるため、乳酸菌のみが含まれる普通のヨーグルトの摂取では効果を十分に得られなくとも、ビフィズス菌とイヌリンが添加されたヨーグルトを摂取することによって、その効果を得られる人の割合は増えると考えられる」と述べました。

「新しいヨーグルト」の肌への影響は?

新しいヨーグルトでお肌の調子を整えたい!

ビフィズス菌×イヌリン入りという「新しいヨーグルト」は、お肌にはどんな影響が期待できるのでしょうか? 福田先生に伺いました。

―ビフィズス菌×イヌリン入りヨーグルトを食べることで、体内(腸内)発酵により短鎖脂肪酸が作られた場合、肌へどのような影響をもたらしますか?

「短鎖脂肪酸は腸の蠕動(ぜんどう)運動を促すことがわかっており、便秘解消にも役立ちます。便が腸内に滞留(たいりゅう)すると、本来排泄されるべき毒素などが再び腸内から血液に乗り、全身を巡ってしまうため、便秘はお肌にも良くないことはすでに知られています。

つまり、間接的ではありますが、ビフィズス菌+イヌリンで体内(腸内)発酵が促されると短鎖脂肪酸がつくられ、それが便秘解消に役立ち、その結果として肌の調子を整えることにも作用すると考えてもいいかもしれません」

新しいヨーグルトは、肌の調子を整えることにも期待できるというわけですね。

「ビフィズス菌×食物繊維」の摂取法

ここで、短鎖脂肪酸をつくるために、ビフィズス菌×食物繊維のフードを摂取する具体的な方法を見ていきましょう。

・ビフィズス菌と食物繊維イヌリンが入ったヨーグルトやドリンクヨーグルトを摂る
・イヌリンパウダーをビフィズス菌入りヨーグルトに混ぜる
・食物繊維が豊富なシリアルにビフィズス菌入りヨーグルトをかける

上記のように、ビフィズス菌×食物繊維はさまざまな方法で一緒に摂ることができます。
免疫力向上や便秘解消を目的にヨーグルトを食べている方は、水溶性食物繊維であるイヌリンをプラスして、より効果的に摂取してみては?

取材・文/一ノ瀬聡子

1 2