ビューティー&ヘルス 髪も頭皮も乾燥する今こそ必要!ダメージヘアにおすすめのホームケアアイテム5選

冬から続く乾燥の季節。屋内ではエアコン、外に出ると春風も強く、髪にとっては厳しい環境です。だからといってヘッドスパに出かけるのも悩ましいですよね。そこで、乾燥などのダメージヘアにおすすめのホームケアアイテムを5つご紹介します。

毛髪診断結果は80%がダメージヘア

髪がパサついたり、艶がなくなったりと、乾燥の季節は特に気になります。昨年の2月、ヘアドライヤーの開発も行うダイソンが、メディア向けセミナー「Hair Science Briefing by Dyson」を開催。髪は、肌の延長線上にあり、頭皮も顔と同じようにお手入れをする必要があるなど、ヘアケアの基本を勉強しつつ、最後に、希望者は、毛髪診断してもらえるとのことで、セミナー出席者の大半が参加し、筆者も診断してもらいました。これらの髪のデータは、今後の製品開発に活かされるとのことでしたが、セミナーに登壇された皮膚科・内科医の友利新先生が、この髪診断結果を、名前を伏せた状態で、全員分のデータを見て、コメントをくださいました。

「ややダメージがある人は全体の53%、かなりダメージがある人が28%。トータルで80%以上の人がダメージを実感されているという結果でした。今回、参加されたのは、メディアやジャーナリストの方など、美容意識の高い方たちだと思われますが、それでもダメージがある人が大半を占めているということは、いかに自宅でのセルフケアができていないかの指標にもなると考えられます」と、友利先生。

ヘアドライヤーも正しく使うことが大切です。

コロナ禍で 美容院に行く回数が減っているので、セルフケアを改めて見直したいと思いました。乾燥や風によるダメージもありますが、ヘアドライヤーの間違った使い方も原因として挙げられるそうです。正しい使い方と、簡単な頭皮のマッサージ方法も教えていただきました。

1.パドルブラシを使用してブラッシングと頭皮マッサージ

ダイソン パドルブラシ オープン価格 ※3,300円(2021年2月末日編集部調べ・税込み)

髪に過度な熱を与えることはダメージにつながるため、髪を乾かすときは、ドライヤーの熱に注意が必要です。ダイソンでは、3段階の風量だけでなく、風温も好みで選べ、毎秒20回風音を測定し、熱を与えすぎないよう、自動で設定してくれます。

ただ、ドライヤーをいきなり買い替えるのはハードルが高いので、頭皮ケアもできるパドルブラシをご紹介します。クッション性のある幅広のブラシで、頭皮にやさしく、ブロー時に髪を滑らかに整えるのに適しています。

どんな髪の長さでも使いやすく、ブラッシング・ブロー・マッサージとひとつで3役こなしてくれます。毎日のケアに使うなら、人差し指と親指で柄の部分を握るグリップポジションでブラシを持つのがおすすめ。大きい柔らかいクッションブラシなので、髪と地肌までブラッシングできます。髪のもつれやほこりなどを落とし、地肌マッサージも同時に行え、便利ですね。頭皮マッサージを別に行うとなると、面倒だと感じることもあるかもしれませんが、ブラッシングと同時だと、続けられそうです。

Dyson https://www.dyson.co.jp/

次のページでは、潤うヘアケアアイテムをご紹介します。

1 2