ビューティー&ヘルス 化粧品も衣替えが必要!? 最低限やるべき夏のダメージ肌対策は意外と簡単だった!

ではいま最低限やっておきたいスキンケアは何なのでしょう。ポイントは3つ。意外と簡単なようです。

<Point1>
9月は大気の変化が激しく肌も干からびがち。肌の保湿は必須です!
気象庁によると、毎年9月20日頃から、一気に気温が低下し、突然秋がやってきます。特に今年は例年より早く、すでに涼しくなってきていますよね。秋になると大気中の水分量も、大きく急降下。それに伴い、肌も潤いが奪われやすくなるのでより保湿に力を入れることを心がけましょう。

<Point2>
肌の潤いがなくなると、皮脂量も減少。肌トラブルの原因に!!
肌の潤いがなくなると、肌内部にも大きな変化が起こります。ポーラの調査データによると、肌表面の潤いの膜となる「皮脂量」と「角層細胞」にそれぞれ変化が起こるのがちょうど9月頃。皮脂量が減少すると、さらに角層の潤いを保つ力も低下。肌トラブルの原因になってしまうのです。

<Point3>
環境の変化にあわせて化粧品は変えよう!!
夏の紫外線をあびた肌は保湿力が低下し、外部の刺激を受けやすく、かなり敏感肌になっていることも。敏感肌になると肌のダメージはさらに受けやすくなり、より炎症を受けがちです。それを防ぐためにも、まずはダメージ肌を保護し、肌の土台をつくる保護力と保湿力を高めるケアがおすすめ。夏用やさっぱりした化粧品の使用を続けていたり、保湿を省いていたりすると、これから寒くなる秋冬に対応できなくなるので気をつけましょう。

つまり、スキンケアも秋に向けて変えて必要があるということ。ファッションを衣替えするのと同じように、スキンケアにも衣替えが必要だったのです。もう一度、あなたのスキンケアも見直してみてくださいね!

情報提供:decencia

1 2