ビューティー&ヘルス 平均 16.8分のメイク時間! タイムパフォーマンス重視の時短メイクで活躍する「サークルレンズ」とは?

シルバーウィークも終わってしまい、これから年末にかけては仕事があわただしくなるという人も多いのでは? できるだけ時短をして、ゆっくりとできる時間を増やしたいですよね。アルコンが全国の20代~30代の働く女性を対象に行ったアンケートからは、メイクに対しても「時短をしたい!」と考えている女性が多いことがわかりました。

働く女性の一日は「サークルレンズ」がなくては始まらない!?

Q1. あなたが普段使用している「アイメイク」のアイテム(アイシャドウ、アイライナー、マスカラなど)の 中で、「メイク後の自分の印象が良くなる」と思うアイテムにあてはまるものをお選びください。

まずは、普段使用しているアイメイクの必須アイテムについてリサーチ。すると、定番のアイライナーやアイシャドウをおさえて、9割以上が回答した「サークルレンズ」――いわゆるカラーコンタクトレンズが1位に! また、「これなしに通勤できないアイメイクアイテム」についても、同じく「サークルレンズ」約6割の票を集めて1位となり、働く女性にとって、サークルレンズなくてはならないモノとして定着していることが判明しました。

「サークルレンズ」で自分の顔の満足度がグンとアップ

そこで、「サークルレンズ」装用時の「自分の顔」に対する満足度を10点満点でたずねたところ、 何もつけていない時の自己評価の平均が3.9点と低評価である一方、「サークルレンズ」を装用すると、なんと平均で3.3ポイントもアップし、満足度は7.2点となりました。どうやら、全体の83.7%もの女性が「サークルレンズ」によって、「自分の顔に対する満足度がアップする」と感じているようです。

▼ケバケバしい時代は終わり?メイクのトレンドをチェック

1 2