ビューティー&ヘルス 最近よく耳にする「ヒト由来幹細胞コスメ」とは?注目の幹細胞コスメ3選

1. 京都大学と東京大学の研究者発!「マイセルーチェ」

マイセルーチェ (左)エッセンス 30mL 33,000円(右)ローション 60mL 19,800円(税込み)※ローションは2021年5月21日全国発売。

「 マイセルーチェ (MYCELLUCE)」は、2020年デビューした『肌と私の「未来」を託す』がコンセプトの幹細胞コスメブランドです。ブランドネームは、私のを意味する「MY」、細胞の「CELL」、イタリア語で輝きを意味する「LUCE」、すなわち「私の肌をずっと輝かせる」という想いを込めて 名づけられています。2021年5月21日、ローションとクレンジングジェルが新発売され、エッセンスのパッケージもリニューアルします。

マイセルーチェを象徴する美容液「マイセルーチェ エッセンス」は、リプロセル社が製造するヒト骨髄幹細胞順化培養液の原液を3.5%配合しています。リプロセル社は、2003年、京都大学と東京大学の研究者によるバイオベンチャーとしてスタートした会社です。

2007年には、世界で初めてヒトiPS細胞の樹立に成功していますが、その培養に使用されたのがリプロセルの培養液です。培養終了後、ロットごとに毒性検査と各種成分の品質検査を行い、その検査表とともに受け取り、エッセンスやローションを製造しています。トレーサビリティがしっかりしているのは、安心ですね。

培養液の原液の美点を損なうことなく配合することに注力し、シルキクラゲ多糖類やウメ果実エキスなどの植物の恵みや、かのクレオパトラも愛したといわれるマラカイト(孔雀石)に由来する大変貴重な天然成分がたくさん配合されています。朝晩のお手入れに2プッシュだけで、ハリや明るさ、柔らかさが実感できる美容液です。伸びがいいので、首元まで伸ばすのがおすすめです。

さらに、効果が実感できるようにと、ヒト骨髄幹細胞順化培養液のほか、バリア機能をサポートするリポソーム化セラミドなどを配合したスキンローションも新登場です。エッセンスとの重ねづけももちろんですが、ボディに使うのもおすすめだそう。ちょっと贅沢な使い方ですが、乾燥や日焼けのあとのレスキューとして活躍してくれそうです。

また、肌に最初に触れ、その後のお手入れの準備をするクレンジングにも贅沢に同じ培養液が配合されています。摩擦レスのジェルで洗顔としても使えます。初めての人はローションからスタートするのもいいかもしれませんね。

マイセルーチェ (MYCELLUCE) 
https://mycelluce.jp/  

2.美肌菌×幹細胞コスメ!「ビオニスト」

ビオニスト バイオスキンエッセンス 30mL 4,180円/10mL 1,980円(すべて税込み)

理想の自活肌に導くスキンケアブランド「ビオニスト(Bionist)」は、腸内美容のスペシャリストHAZUKIさんと共同開発を行う美肌菌コスメのブランドです。美肌菌とは、私たちの肌に共存している皮膚常在細菌の善玉菌のことです。そこに美肌菌ケアができるバイオ成分を配合することで、肌が本来持っている自ら保湿する力・守る力 を引き出すケアとして、エステサロンで多くの人の肌を立て直してきました。 サロン専用品として皮膚常在細菌専門研究機関 とともに開発してきましたが、肌トラブルに悩むより多くの人に届けたいと誕生したブランドです。

そのビオニストの美容液であるバイオスキンエッセンスに配合されているのが、ヒト由来脂肪幹細胞順化培養液エキスです。

「私の商品開発のコンセプトは、与えてその場しのぎではなく、老化で減少・低下する機能を活性し、増やす・強化することをベースにしています」と、HAZUKIさん。美肌菌成分のみならず、ヒト由来の幹細胞培養液を配合したのは、細胞の活性力が従来の植物や動物由来の成分に比べると格段の差があり、ターンオーバーのスピードも早く、新しく生まれてきた肌の弾力や保湿が違っていたからだそうです。

もともと肌にいる美肌菌のために、アルコールやパラベン、香料など美肌菌を減らしてしまう可能性のある成分は配合せず、敏感肌の人も安心できる仕様になっています。また、よりよいものを多くの人に届けたいという強い思いと開発努力で、高い品質を維持しながら、継続しやすい価格を実現させています。肌の内と外から、自分自身が持つ力を最大限に引き出してくれる美容液ですね。自分の美肌菌は目に見えませんが、大切に育て自活肌を目指したいと思いました。

ビオニスト(Bionist)
https://bionist.jp/

3.セルロジーコスメ

セルロジーコスメ リッチエッセンス 30mL 10,450円(税込み)

「セルロジーコスメ(CELLOGY COSME)」は、ナノ化・リポソーム化したヒト幹細胞培養液に着目して開発されたエイジングケアコスメです。シリーズすべてにヒト由来の幹細胞培養液が配合され、それぞれのアイテムで、どれだけ配合されているかが明記されています。エステ専用ラインも展開しているブランドの本気度がうかがえますね。

また、セルロジーコスメに使用しているヒト幹細胞培養液は、韓国の再生医療を研究している研究所から直接購入し、安全性もきちんと確保したものだけが使用されています。

シリーズすべてに幹細胞培養液が配合されているため、どれから試してみるか迷ってしまいますが、まず取り入れるなら2020年モンドセレクション金賞を受賞した3製品の中のリッチエッセンスがおすすめです。美容液なので、いつものスキンケアにプラスしやすいですね。ちなみにヒト幹細胞エキスは5%配合。さらにリポソーム化され、より肌の奥まで浸透し、そこにとどまってくれるため効果が長続きします。

リポソーム化とは、レシチンなどのリン脂質でできた何層にもなるカプセルに有効成分を閉じ込め体の中に確実に届ける技術のことです。成分を新鮮な状態で保つ効果もあるそうです。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドに加え、肌に透明感を与えるフラーレンやアルブチンも配合されています。軽いテクスチャーで、塗った後はすぐにさらりとするので、メイク前にも使いやすいですよ。

セルロジーコスメ 
https://www.cellogycosme.jp/

☆☆☆

再生医療の現場から生まれた副産物は、ヒト由来であることから、私たちの肌に浸透しやすく、効果を実感しやすいのですね。ただ、新たな技術でもあり、培養液自体の基準がないため、玉石混淆のようです。きちんと調べて、自分に合うものを選びたいですね。

取材・文/林 ゆり

1 2