ビューティー&ヘルス 安い・早い・正確な「スマート脳ドック」って何?実際に受けてみた感想~その2~

「スマート脳ドック」を実施しているメディカルチェックスタジオ 東京銀座クリニック院長・医学博士の知久正明先生に~その1~では、若い人こそなぜ「脳ドック」を受けるべきなのか、そして脳血管疾患を防ぐためにどんなことに気を付けて日常生活を送るべきか教えてもらいました。

後半は「スマート脳ドック」がなぜ、お手頃価格で30分間で完結!という画期的なシステムができたのかをご紹介し、実際に筆者の「スマート脳ドック」体験をレポートします。

お手頃価格&30分で終了、って大丈夫……?

新宿3丁目の駅から比較的すぐ!

「スマート脳ドック」は「早い、安い、正確」にこだわった脳ドック。

このサービスを率いているのは、元楽天トラベルのOBで、バス運転手のクモ膜下出血により引き起こされた悲しい事故を楽天時代に経験し、価格や時間面がネックだった脳ドックのハードルを下げて、誰しもがもっと受けやすくしたいと思ったのだそう。

実際に脳ドックは19,250円(税込)で受けられ、一般的な脳ドックの価格より半分~2/3くらいのお手頃プライス。

時間も、受付から完了まで30分で済むとなると、仕事の合間に「ちょっと」寄り道で受診できるレベルです。

「早い、安い」は嬉しいけど、検査でそれって大丈夫……?と心配にもなってしまいますが、実際に受信してみると、この価格や実現できているのは、ITをフル活用した徹底したオペレーション管理にあることがわかりました。

問診はWEBのみ、到着したらすぐロッカーへGO!

申し込みはWEBのみで、問診票もWEB上で事前に記入してから来るよう、メールでプッシュされます。

心の準備をしてる間もないまま、MRIへ。 実は筆者は脳のMRIは初めてではないので、ゴウンゴウン鳴る音の感じもあらかじめわかっていましたが、初めてだと緊張するかもしれません。

このドーナツ型のところに頭を突っ込む形になります。

久しぶりに入ったMRIはやっぱりゴウンゴウン鳴ってはいましたが、筆者はリラックスしすぎて寝てしまい、あっという間にMRI撮影は終わりました。トータル10分くらいだったでしょうか。

終わると、またロッカールームで荷物をピックアップし、受付でお金を払って終了です。本当に到着から終わるまでで30分……。

事前にWEB問診表の記入があったり、いろいろな臓器を撮るコースをつくらず「脳のMRI」と限定していたり、画像診断を全国の医師にオンライン上で依頼をしていて、結果は再度聞きに来ることなく、すべてWEB上で閲覧可能、と、当日にクリニックで行う作業は「脳のMRI撮影そのもの」に絞ることで、「入ってから出てくるまで30分」を実現しているのだと理解できました。

検査結果のお知らせがメールで届く

約1週間後、検査結果がマイページで見られるようになった旨がメールに届きました。

サイトのマイページから検査結果を見てみると、特に大きな問題はなさそうですが、副鼻腔炎の疑いがあるそうなので、こんど耳鼻科で詳しく調べてみようと思いました。

自分で見てもよくわかりませんが、こんな画像も。緑の矢印は、指摘があった「副鼻腔炎の疑い」がある箇所。何かがたまっていて白い~!
1100円でまるっとデータを持ち出せるのは、かかりつけ医に持っていくときにはありがたい。所見をまとめたPDFなら、マイページから無料でダウンロード可能です。

もしかかりつけの病院で再検査をしたい場合は、オプション(有料 1100円)で検査結果をCD-ROMにしてくれるサービスがあったり、ネット予約が苦手な親御さんの代わりに、子どもが予約やWEB問診の記入ができる「ファミリー設定」があったり、かゆいところに手が届くシステムも揃っている「スマート脳ドック」。

先延ばしにしていた方も、今こそ一度、自分の「脳」の状態を改めてチェックしてみませんか?

メディカルチェックスタジオ
https://medicalcheckstudio.jp/
スマートドック
https://smartdock.jp/

取材・文/nenko

もはや女子力は二の次?働く女性の7割以上は美容より健康を重要視している

65歳以上が抱える健康不安……3位は「ガン」、2位は「生活習慣病」、1位は?