ビューティー&ヘルス 「目元老化」を進める秋の紫外線に要注意! 数分でできるエイジングケアとは?

年齢を重ねるにつれて感じる肌老化。20代後半を超えると、去年までは調子よかったスキンケア法では物足りなくなり、ケアアイテムを追加したという人も多いのでは? 

株式会社decenciaが30~40代の女性256名に対して行なった調査によると、顔の部分で最も老化を感じる人が多かった部分が「目元」。皮膚が薄くて、シワができやすかったり、ドライアイの症状が出るなど、悩みを抱えている人が多く、なんと全体の8割の人が老化を感じていることがわかったのです。

それにも関わらず、実際にアイクリームなどを利用して目元のケアを行っている人は4割弱。つまり6割以上が対策をしていないという事実も判明。そこで今回は「目元老化」について調査。今晩からできる簡単な目元のエイジングケア方法もお教えします。

目元の印象が見た目年齢を決める!

目元老化は、秋の紫外線で進行する!! 

日に日に寒さが増し、空気の乾燥が気になる秋。実は乾燥だけでなく、紫外線にも変化が出る時期です。秋になると太陽の位置が下がり、紫外線の降り注ぐ位置は低下。そのため夏よりもより目元に紫外線が当たるようになるのだとか。涼しくなるとどうしても紫外線対策を怠りがちですが、目元に関しては、秋こそ紫外線対策が必須と言えるのです。

ちなみにこの紫外線対策を怠ると、目元に「乾燥」「炎症」「かゆみ」などが発生する「目元敏感」が進行。さらに老けた印象をもたらす「くすみ」と「シワ」が合わさった「影ジワ」が発生してしまうとか。

紫外線以外にも寝不足など影ジワの要因に!

 

1 2