ビューティー&ヘルス ストレス解消ってかえって逆効果なの!? カサカサ肌は「ストレス解消疲れ」が原因だった!! 

過ごしやすい気候でスポーツに旅行、読書、食べ物など、秋は楽しみがいっぱい! でも一方で秋は「なんだかやる気がでない」「毎日が憂鬱」など、気持ちが下がってしまうという人も増えるとも言われています。実は秋はストレス要素が増すというのも事実。その大きな原因は、日照時間が短くなったことにより、気持ちを安定させる脳内物質「セロトニン」の分泌が低下すること。それによって、不安になったり、憂鬱な気分になる人が多いのだとか。

さらに、株式会社decenciaの調査によると、秋は気持ちの変化だけでなく、肌にも影響が大きいことがわかったのです。カサカサ肌の原因は単なる気温の低下や乾燥が原因ではなかったのです。

1115news2

季節の変わり目は肌にも変化が! その原因は気候だけでなく心身の変化によるもの大きいのです。

ストレスよりもストレス解消疲れで肌がカサカサに!!

ストレスを感じている人や疲れている人の肌は、角層面積が小さく、保水能力やバリア機能が低下、それにより肌がカサつく現象が起きていると言います。しかし一方で、最近は「ストレス解消をしなくては!」という使命感でかえって疲れを溜めて「ストレス解消疲れ」をしている人が多いという事実も。20代~40代の女性342名を対象に実施した調査によると、ストレスがある人は約9割、そのうち約7割がストレス解消をしていますが、その中の6割に「ストレス解消疲れ」があることがわかったのです。

1115news2

間違った「ストレス解消」をしている人がほとんど。本当にリラックスできる方法を探すのがポイント!

ではストレス解消疲れに陥らない方法はあるのでしょうか?

1 2