ビューティー&ヘルス 伝統工芸品・熊野筆の職人が作った化粧筆がメイクの仕上がりを高める!

「メイク直しに備えてファンデーションブラシを持ち歩きたいけど、お化粧ポーチには入らないし…」と諦めてしまっている方、多いのではないでしょうか。

そんな方に向け、ポーラより8月3日に発売されるコンパクトサイズの「熊野化粧筆(艶パウダー)」をご紹介します。

熊野の筆職人の手作りによる「熊野化粧筆(艶パウダー)」はポーラの 「 B.A パウダリィファンデーション」や「B.A フィニッシングパウダー 」 、「アペックス カラーパウダー」のケースに入れて携帯できるほどコンパクトなんです。

熊野化粧筆(艶パウダー)

熊野の筆職人による手作りです!
¥2,970(税込)。 毛質:PBT、ハンドル:AS、リング:AL

ポイント①:極上の肌あたりで透明感のある肌を目指す毛素材

熊野の職人が多岐にわたる毛素材の中から、パウダーにふさわしい粉含みとやわらかな肌当たりを両立した毛素材を厳選。ベースメークを薄く均一に広げ、シアー感のあるツヤ肌に仕上げます。

ポイント②:テクニックいらずで、ムラなく美しい仕上がりになる形状

なだらかなカーブが、顔の骨格にフィット。1本1本の毛先が熊野の職人により手作業で整えられているため、やさしいタッチで細かい毛穴やキメに密着しながら、ムラなく美しいツヤ肌へ仕上げます。

ポーラ「 B.A パウダリィファンデーション」のケースにすぽっと入るので、携帯に便利!
中心から外側へ大きくのばしていきます。

◎使い方

①筆にファンデーションを適量含ませ、手の甲で量を調整します。
②顔の中心から外側へ、顔の曲線に沿って、軽くすべらせるように大きく伸ばし広げます。
③目頭や、小鼻のわきなど細かい部分は筆の角を使ってなじませます。
④くるくると軽く円を描き、肌をみがくように筆を動かします。

お化粧直しの仕上がりを高めてくれるアイテム、気になりますね。

商品情報:https://net.pola.co.jp

文/ latte+