ビューティー&ヘルス マスク生活による肌トラブルに負けない肌へ!「銀座化粧堂」の新スキンケア

毎日のマスク着用で、「マスク荒れ」という言葉ができるくらい、肌トラブルに悩まされている人が増えています。マスクが肌にあたる摩擦による物理的な要因もありますが、マスク内の水分バランスの崩れも、肌トラブルの原因になるそう。そこに注目して開発されたスキンケアが、「銀座化粧堂」のステムケアシリーズです。シリーズといっても、2ステップのシンプルケアで、忙しい朝も安心です。

なりたいキレイに寄り添いたいとスタートした「銀座化粧堂」

時代の変遷とともに街並みや行きかう人の層が変わっても、フレキシブルに変化しながら流行の発信基地として存在感がある「銀座」のような、唯一無二の存在になれるようにと銀座という言葉をブランド名に入れ、2020年にスタートしたのが「銀座化粧堂」です。なりたいキレイに寄り添いながら、「私らしくあること」を大切にしているそう。

この“私らしさ”って、人それぞれで、意外にむずかしいですよね。2020年は、ライフスタイルも一変し、スキンケアやメイクの仕方も変化しました。そんな変化も柔軟に取り入れ、“私らしく”輝き続けるための手助けができればと、商品を開発したそうです。だからこそ、このタイミングで、マスク荒れに着目したスキンケアが登場したのですね。

皮膚科学に基づき、環境に配慮し、クリーンビューティを目指して開発している銀座化粧堂株式会社代表取締役の松熊祥子さんは、
「サスティナブルな美容成分を使用することや、リユースパッケージにも取り組んでいます。なんとなく好きなものを選んだらエシカルだった。そんな風に選んでもらいたいです」と、おっしゃいます。確かに、自分に心地よいものが、環境にも配慮されていたらうれしいですね。

マスクで皮脂バランスが乱れている

「化粧品は必需品であり、嗜好品」という松熊さんは、「今必要な上質な1品」を提供できる会社でありたいとの考えがあります。確かに、ラインナップがたくさんあると、急いでいる日は、いくつかのケアをスキップしてしまうこともあります。

まずは、マスクの着用によって肌に起きていることを確認しましょう。

マスク内では、皮膚温度が上昇し、生理現象として水分蒸散量が増え、同時に皮脂の分泌も過剰となり、バリア機能が低下します。これにより毛穴も開きやすくなります。マスクの中はうるおっていると勘違いしがちなので、これは要注意ですね。その水分と油分のバランスを根本から整えながらバリア機能を強化するために開発されたのが新発売のステムケアモイストローションとステムケアクリーミィセラムです。2ステップのシンプルケアで、肌バランスを整えてくれます。

化粧水と美容乳液の2ステップケア

銀座化粧堂 左から:ステムケアモイストローション 120mL 2,970円/ステムケアクリーミィセラム 60mL 2,970円(すべて税込み)

ローションだけでは肌の水分が蒸発するので、水分の蒸発を防ぐためにクリーミィセラムとの2ステップのケアになっています。どちらにも植物幹細胞由来成分(リンゴ果実培養細胞エキス)が配合されています。ほかにも、活性酸素に対抗するため、微細藻類から得られるセネデ スムスルベセンスエキス、海藻由来の細菌から得られるアルテロモナス発酵エキスなどが配合されています。

サスティナブルな培養成分にこだわったというこれらの配合は、製薬企業で、微生物発酵生産物からの新薬探索研究をされていた松熊さんならではといえそうです。

ステムケアモイストローションは、しっかり保湿するアイテムでありながらべたつきを感じません。乾燥肌の筆者は、とろっとしたテクスチャーのスキンローションを使うことが多いのですが、さらっとしながら、肌に押し込むとしっとりしました。さっぱり、しっとり、どちらのテクスチャーが好きな人にも合いそうです。

また、ステムケアクリーミィセラムは、名前の通り、乳液と美容液の中間といった感じ。乳液タイプで、潤いに満足感がありました。伸びもいいので、使いやすかったです。クリームほど重くないので、脂っぽいのが嫌いな人にもおすすめです。

☆☆☆

「Minimum but Fabulous」と、限りなくシンプルでありながら、上質を演出できるものづくりを行っている銀座化粧堂。マスク着用やリモートワークで、メイクをする機会が減ったことから、すっぴんでいる時間が増え自分の肌悩みに気づきやすくなっている中で、シンプルケアはうれしいですね。2ステップなら、ケアが苦手な人も長く続けられそうな気がしました。

銀座化粧堂 https://www.ginzacosme.jp/

取材・文/林 ゆり