ビューティー&ヘルス 年末年始“ゆるハラ”に注意! 冬のイベントに潜む、おなかのトラブルの落とし穴

これからのシーズンは寒さも増し、外食や外出の機会が増える「冬」……おなかがゆるくなってしまうトラブル=“ゆるハラ”に注意するべき季節の到来です。そこで、大幸薬品株式会社が、15~69歳の男女1200名を対象に実施した「日本人のおなかのトラブル」についてのアンケート結果をご紹介します。

“下痢になる頻度”1位の季節、冬は“ゆるハラ”に注意!

同調査によると、季節ごとの「下痢になる頻度」については、「冬」に下痢をすることが「よくある」「時々ある」人の合計は24%で約4人に1人という結果に。他の季節(春:16%、夏:23%、秋:16%)と比べて最も高い割合となりました。冬は“ゆるハラ”のリスクが高まるタイミングであると言えそうです……!

冬は、いつも以上に“ゆるハラ”のリスクが高まるタイミングと言えそう。

冬は、いつも以上に“ゆるハラ”のリスクが高まるタイミングと言えそう。

女性は「冷え」、男性は「飲み会」がおなかトラブルの原因に…!?

そこで、「冬におなかのトラブルを経験したことがある」693名を対象に、冬のおなかトラブルが起きたシチュエーションについて聞いてみると、その原因については男女間で差があることが判明。
女性は、10代から40代の4割近くが「(気温による)冷え」を挙げました。年齢を問わず、「冷え」を冬のおなかの敵と考える人が多いことがわかります。一方、男性は「お酒の飲み過ぎ」を挙げる人が多く、特に30代(25%)、50代(25%)、60代(29%)では同回答が1位に。

男女世代別「冬の下痢」の原因1位

男女世代別「冬の下痢」の原因1位

全体では、おなかのトラブルの原因としては「(気温による)冷え」(30%)が最も多い結果に。また、2位には「おなかの風邪」(21%)が続き、寒さによる体調変化によってもおなかのトラブルが発生しやすくなっている様子がわかります。

1 2