ビューティー&ヘルス デリケートゾーンの悩み、原因は腟内フローラの乱れ!?正常に整えるカギは「乳酸菌」

腸にある“常在細菌の群れ”をさす「腸内フローラ」を整えることは、健康面でも美容面でも大切ということは広く知られていますが、女性特有の悩みには「腟内フローラ」を整えることが大切なのだそう。

デリケートゾーンなどの悩みは、気軽に相談しにくいこともあり、「腟内フローラ」について話を聞く機会もなかったのですが、女性の健康課題に取り組む「TEIJIN」で、女性の健康課題の現状についてのセミナーが開催され参加しました。改善策は、腸と同じく乳酸菌がカギを握っていることがわかったのです。

腟内フローラのバランスとは

腟内フローラのバランスを整えることが大切。

腟が健康でなければ、生理不順や月経痛が起こりやすいのだろうなという想像はつきますが「腟内フローラ」のバランスを考えたことがある人は少数派ではないでしょうか。

腸と同じように、腟内には善玉菌や悪玉菌が存在します。その「腟内フローラ」とデリケートゾーンの関係について、東京大学医学部産婦人科学教室の原田美由紀准教授に教えていただきました。

「腟内フローラが整っている腟というのは、乳酸菌などの善玉菌の働きで腟内が弱酸性に保たれ、悪玉菌の侵入を防いでいる状態です。逆に大腸菌やカンジダ菌などの悪玉菌が繁殖すると、おりものの変化やニオイ、かゆみなどが発生します」と、原田先生。

東京大学医学部産婦人科学教室 准教授 原田美由紀先生。

デリケートゾーンの不快な症状は、「腟内フローラ」の乱れが原因だったのですね。乱れる原因は、体調の変化にもよりますが、正しいケアを知っている女性が少ないことにも原因があるようです。実際、デリケートゾーンに不快感があっても、相談しにくいこともあり、また受診するのはハードルが高いと感じている女性は多いようです。ただ、間違ったケアは、症状をより悪化させることになるかもしれません。

「洗いすぎもよくありません。善玉菌の方が悪玉菌より弱いため、洗いすぎにより減少しやすいからです」と、原田先生は、間違ったケアに警鐘を鳴らします。日本では、デリケートゾーン専用の洗浄料で洗う女性も少数派であることを考えると、良かれと思って洗っていることが逆効果になっている心配もありそうですね。

腟内フローラを正常化する乳酸菌UREX

デリケートゾーンに何かしらの悩みがある女性は、9割にものぼります(女性特有の悩みに関する調査:帝人株式会社実施)。特に症状を実感していない場合でも、細菌性腟症に罹患している場合もあるそうで、これは早産のリスクがあることも研究結果として報告されています。腟内フローラを整えることは、これからの人生設計にも関係するといえますね。

「腸内フローラを正常に整えるカギが乳酸菌であることが研究でわかり、女性のための乳酸菌として『乳酸菌UREX』が開発されました。経口摂取した場合、他の乳酸菌は腟内で定着しないことが多いのですが、『乳酸菌UREX』は、腸を通じて腟内まで生きたまま届くこともわかっています」と、原田先生。

この「乳酸菌UREX」は、役割の異なる2種類の乳酸菌をバランスよく配合した乳酸菌で、腟内に長くとどまり、細菌性腟症のリスクが高い女性に継続摂取してもらうと、膣内内フローラの乱れた状態が改善し、もともとリスクが低い女性の場合は健康な腟内フローラの状態が継続されたそう。現在の自分自身の腟内フローラがどのような状態かわかりませんが、経口摂取なら、手軽で取り入れやすいと感じました。

最後に、細菌性腟症のセルフチェックも教えていただきました。

細菌性腟症チェック項目

・おりものが魚臭い(アミン臭)
・おりものの色が灰色になる
・おりものに粘り気がなくサラサラしている
・急におりものの量が増えた
・外陰部の軽いかゆみや腫れがある

かゆみやおりものの状態に異変を感じたら、無理せずクリニックを受診することが望ましいそうです。まずは、自分自身をきちんと知ることから始めたいですね。

※「UREX」は、クリスチャン・ハンセン社の登録商標です。

1 2