ビューティー&ヘルス 手洗い・消毒だけじゃ感染症対策に足りない!ハンドケアをプラスすべき理由

手洗いだけでなく、消毒も行う毎日で、手荒れが気になる人が増えています。アルコールに対して過敏に反応するだけでなく、手洗いのあと、きちんと水分をふき取れていないと手肌が乾燥しやすくなり、手荒れの原因になります。

実は、手が荒れていると手荒れ以外のトラブルにつながることがあるとのことで、ハンドケアを習慣化するための啓発活動として「ハンドケア講習会」を全国で展開しているユースキン製薬で、今知っておきたいハンドケアについて教えていただきました。

医療現場でもハンドケアにより力を入れている理由

手洗い、消毒だけでなくハンドケアまで行うことが大切。

空気の乾燥や気温の低下、水仕事などで皮脂が失われて皮膚が乾燥した状態のときに手が荒れてしまいます。乾燥した肌はバリア機能が低下し、刺激によるダメージを受けやすいのです。これは、顔と同じですね。

でも、手のケアって意外に後回しにしてしまいがち。しかも、コロナ禍で、いつも以上に手洗いやアルコール消毒を行うため、手荒れは増加傾向だそうです。ユースキン製薬では、野村皮膚科医院の野村有子院長監修のもと、手荒れの傷が手指衛生に及ぼす影響についてモニター試験を実施しました。その結果、手荒れの傷の部分には、汚れの洗い残しがあり、手荒れが改善すると、汚れの洗い残しが減少することが分かったそうです。

「医療従事者のハンドケアにもコロナ前から力を入れてきました。歯磨きで口腔ケアをしてきたように、ハンドクリームでケアする習慣をもってもらいたいです」と、ユースキン製薬。以前から、手洗いや消毒が当たり前だった医療現場でも、よりハンドケアに力を入れているそうです。今後も、手洗いは、ずっと続くので、手洗いとハンドケアはセットと考えて習慣化したいですね。

手荒れの有無が汚れの洗い残しに関係する

手荒れの有無、またその症状は洗い残しに大きく関係してくるようです。野村先生監修の試験結果では、軽度の手荒れの場合でも、爪の生え際のわずかなささくれ部分に洗い残しが確認されました。重症化していなくても、洗い残しがあることがわかります。

その後、7日間、ハンドケアをすると、ささくれが改善し、汚れの洗い残しがほとんどなくなっていました。軽度でこの状況なら、手が荒れていると実感する中程度や重度の場合、より多くの洗い残しがあることが容易に想像できますね。手の乾燥が気になる筆者は、軽度から中程度の間くらいなので、ハンドケアを今以上に行おうと思いました。

野村皮膚科医院 院長 野村有子先生

「滑らかな皮膚だと洗い残しがなくなります。傷には汚れやほこりなどが付着し、残りやすいです。さらに、ウイルスも侵入しやすくなります。手洗いは大切ですが、洗いすぎて手が荒れてしまうと感染しやすくなります」と、野村先生。

手洗いだけでなく、改めてハンドケアの重要性を感じました。

1 2