ビューティー&ヘルス 64歳“奇跡の美肌”を持つ『美的GRAND』編集長に聞いた「夏疲れした肌の復活法」

秋に入るこの時期は、紫外線やエアコンの影響で夏疲れした肌の乾燥、ざらつき、くすみ、毛穴の開きなどのトラブルが表れてきます。そのため、夏の終わりの今、しっかりとケアをしておくことが大切です。

そこで、テレビ番組「マツコ会議」などに出演し、その年齢不詳の肌が“奇跡の62歳(当時。2021年現在はなんと64歳!)”と話題になった天野佳代子さんが、自身の美容メソッドを余すことなく紹介した書籍『何歳からでも美肌になれる!』をご紹介します。天野さんの美容法は一般的な常識と少し、いやかなり違っています。

美肌は「奇跡」ではなく、「必然」

1957年、東京生まれ。20代で美容ライターとして活動を始め、2001年『美的』創刊とともにエディトリアルディレクターに着任、2018年『美的GRAND』を創刊し、編集長に就任。著書『何歳からでも美肌になれる!』を62歳で執筆。

20代から雑誌編集者として活躍し、「美的」創刊メンバーを経て、2018年、『美的GRAND』編集長に就任。大好きな美容の情報に触れ、自ら美容法を実践してきた肌は、奇跡ではなく必然。少しの手間と化粧品、そして、ちょっとした知識があれば、「ずっときれい」という奇跡を誰でも呼び起こせると、天野さんは語ります。

「天野メソッド」と呼ばれるそのスキンケア法は、そのどれもがシンプルなお手入れなので、仕事に家事にと忙しい女性でもすぐに取り入れることができます。

さらに、本の中で実際に天野メソッドを3週間実践した40代、50代のふたりの女性には目に見える変化が! 透明感とツヤが出て、毛穴も引き締まったのです。この変化を目にしたら、「これは今からやってみる価値がある!」と思うはず。基本的なスキンケアで年齢を重ねた女性の肌はまだまだリカバリーできることを気づかせてくれます。30代の肌でも、このメソッドでかなりの変化が現れるのではないでしょうか。

何歳からでも美肌になれる「天野メソッド」スキンケアとは?

天野メソッドでは、以下のポイントをおさえてスキンケアをしていきます。

1.しっかり洗うことで肌は若返る
2.スキンケアは、朝しっかり、夜あっさり
3.大人だからこそ角質ケアは毎日
4.化粧品は金額より使い方
5.美容液を使えば、シミもシワも巻き戻せる

ここ数年は、洗顔に関するこんな説を耳にした方が多いのではないでしょうか。

「大人の女性は、朝の洗顔は水でさっと流すくらいでいい。洗顔料で洗うと、必要な皮脂まで流れ出てしまい、乾燥につながる」

「夜は、しっかりとメイクと汚れを落とし、化粧水とクリームでたっぷりと保湿を」

しかし、天野メソッドでは、その逆をいきます。

年齢を重ねると新陳代謝が落ち、肌はターンオーバーしにくくなってしまいます。そのため、朝は、酵素パウダーでしっかりと洗顔をして汚れを落とし、角質ケアをして、肌代謝を上げます。すると、浸透力が上がるので、このタイミングでたっぷりと保湿することで、夜まで潤いが続き、化粧のりがよくなります。

そして、夜はクレンジングバームでメイクをしっかりと落としてから、クレイ洗顔料で汗や皮脂を落として、まっさらな肌にします。後は、化粧水や美容液を浸透させたら、お手入れ完了。夜のお手入れはあっさりにして、睡眠中に行われる肌の修復力や代謝力を活性化させることを大切にします。

いかがですか? 天野メソッドは、みなさんが今までしていたお手入れとは大分違っているかもしれませんね。

しかし、現在64歳とは思えない天野さんの肌のハリや透明感を見れば、天野式メソッドの効果は一目瞭然。

夏疲れした肌は乾燥しがちで、シミ・シワ・たるみの原因になりかねません。天野式メソッドで、今のうちにしっかりと汚れや角質を除去し、保湿をして、より乾燥しやすい秋冬に備えましょう。

長引くコロナ禍、仕事や生活の中で様々なストレスを抱えている女性は少なくないと思います。そんな中でも、お肌の調子がいいと、気分が上がって自分に自信が持てますよね。誰かに見せるためではなく、自分のために。透明感のあるツヤ肌で2021年の後半も自信と持って歩んでいけるよう、お肌のケアをしていきましょう。思い立ったら、今が始めどきです。

天野佳代子さんのスキンケアメソッドが詰まった1冊はこちら。

何歳からでも美肌になれる!
奇跡の62歳!美的GRAND編集長“逆転”の美肌術
天野佳代子著

詳細はこちら https://www.shogakukan.co.jp/books/09310632