ビューティー&ヘルス 9割近い人が実感している「正月太り」と「肌の不調」…その解決法のポイントはたった3つ!

新しい年になり気持ちは引き締まっているけれど、身体や肌は緩んでしまっているという人、多いのでは!? 株式会社decenciaが30~40代の有職者女性155名に取ったアンケートによると、9割以上の人が「毎年正月太りを実感している」と回答。その原因は、塩分の取りすぎと運動不足であることがわかりました。

■年末年始は普段より塩分の多いものを食べる機会が増えましたか?

はい  84% / いいえ 16%

■運動不足ですか?

はい  95% / いいえ 5%

■毎年正月太りをしてしまいますか?

はい  93% / いいえ 7%

では、なぜ塩分の取りすぎが正月太りを加速させてしまうのでしょう。その理由は、塩分によって体がむくみやすくなり、そこに運動不足が加わることで代謝が悪くなり、エネルギーが消費されないから。代謝が落ちると太りやすくなりますよね。もちろん、お正月だからといって暴飲暴食をする機会が増えたり、糖分が多い料理を食べる機会が増えることも太る原因のようです。

また身体が太ると同時に感じるのが、肌の変化。この時期は肌の乾燥や冷えによる悩みも肌荒れを加速させているようです。

0117news 2

年明けは急に寒さが厳しくなり、肌荒れが加速した人も多いのでは!?

1 2