ビューティー&ヘルス 世界初!肌の感覚スイッチにアプローチし、冴えわたる肌に導く新ブランド「BRANCHIC」

マスク生活が続き、季節の変わり目など、例年よりお肌のトラブルが気になります。さらに、加齢とともに肌感覚に変化が起こるそうです。なんと30代から肌感覚が低い人が増えるとか。

肌感覚と言われると、個人の感じ方だけではないかと思ってしまうかもしれませんが、肌感覚が高い人は肌のキメも細かいと聞くと、意識したいですよね。そんな「肌の感覚」という視点に着目し、開発されたのが「BRANCHIC(ブランシック)」です。

肌感覚に着目した「BRANCHIC」とは

肌感覚に着目した「BRANCHIC」が2021年10月1日デビュー。

「BRANCHIC(ブランシック)」は、美肌も超える冴え顔へと導くビューティーブランドとして、ファンケルグループの株式会社ネオエフから誕生したブランドです。

スキンケア商品とタッチメソッド(手技)によって、冴えわたる肌を作る美容アプローチと、心の感度を高める情報発信で、前向きにがんばる女性が、自信をもって「いい顔」で前を向けるような様々な提案をしてくれます。

スキンケアをしているのに効果を感じにくいという声に応えるべく、「肌の感覚」という視点から研究をスタートさせ、頬や指先などの全身の皮膚にあって、優しく触られることで心地よさを感じる触覚受容器「メルケル細胞」に着目し、世界で初めて肌の感覚スイッチにアプローチして冴えわたる肌へと導いてくれる高機能スキンケアの開発に成功しました。

加齢のほか、紫外線、花粉などの外的ストレスやデジタル生活、マスク着用による表情の固定化なども加わり、肌感覚に影響を与える環境下にあるだけに、心地よい感覚は、精神的にも身体的にもポジティブな作用をもたらす可能性が示唆されています。

日頃からやさしくタッチしてお手入れしている人も、スキンケア製品でメルケル細胞にアプローチしてくれるなら、より効果を実感できそうですよね。

ブランドデビューは、美容液と洗顔料の2種。

機能性ペプチドである化粧品成分「デカペプチド-4」と「手技」のアプローチが有効であることが分かったことから、デカペプチドの配合によりメルケル細胞を活性化し、さらに、やさしくタッチすることで、周囲の眠っていた肌細胞も活性化してくれるという仕組みになっています。

マスクで表情筋を動かすことが少なくなっているので、肌感覚を目覚めさせるためにも、やさしくタッチしながらスキンケアすることは重要なポイントのようです。ブランドデビューで発売されるのは、洗顔料と美容液の2種類。それぞれの特徴と使い方をご紹介します。

1 2