ビューティー&ヘルス あの「LUX」がリニューアル。水原希子がアンバサダーに就任し、どう変わる?

トータルビューティーケアブランド「LUX」が、自分自身を美しいと思えることが自信になり、一歩踏み出す勇気につながること、その踏み出す姿勢こそが美しいという信念のもと、ブランドをリニューアルします。2021年9月27日からは、ブランドアンバサダーに就任した水原希子さんが登場するTV-CMも放映開始。LUX ブランドリニューアル発表会では、時代ごとに変化する「美しさ」についてのトークショーが行われました。

LUXが掲げた「BRAVE VISION 2030」とは

新たなビジョン「BRAVE VISION 2030」でアンバサダーに就任した水原希子さん。

1989年の「LUX スーパーリッチ」発売以来、ハリウッド女優をCMに起用してきたLUXは、時代の移り変わりとともに、人々の「美しさ」のとらえ方も変わり、現代においては、容姿だけにとらわれるのではなく、生き方そのものを反映するものとしても考えられるようになる中、一人一人の美しさに目を向け、自分らしい美しさを楽しみ、それが自信になることで勇気をもって一歩踏み出して欲しいと考えました。

そこで掲げたビジョンが「BRAVE VISION 2030」です。BRAVEとは、勇敢なという意味。まずは、「美しさ」とは何かと問うことが大切だという考えから、多様化が進む社会の中で、固定観念にとらわれず、一人一人の個性こそが美しさだと認め合うことができれば、「ありのままの自分でいいんだ」と、自分だけの美しさの在り方が見つけられると信じて、その一歩を踏み出す後押しができればとの願いを込めたリニューアルです。

この新たなスタートに、BRAVEな女性の象徴としてモデルや女優として活躍する水原希子さんがアンバサダーに就任しました。2021年9月27日から放映されるTV-CM「私をすすめるのは、私。」篇の撮影秘話や、水原希子さんが考える「美しさ」についてのトークセッションが行われました。

自分らしい美しさを問うこと

BRAVEな女性の象徴として話す水原希子さん。

リニューアルにあたり公開されたLUXブランドメッセージの中に、「もう、自分で自分を引き止めない。すすんだ先に、まだ知らない自分がきっといる。」という言葉があります。

自分で自分を引き止めるつもりはなくても、気づかぬうちに、自分で枠を決めていることがあるかもしれないとはっとさせられるフレーズです。新たな一歩を踏み出すときは、勇気がいります。BRAVEな女性の象徴としてアンバサダーに就任した水原希子さんも、さまざまな壁にぶつかり、悩むこともあったそうですが、一歩踏み出すことで今があるそう。

「まず、東京に出てくるのも不安でした。ファッションの世界で仕事をやっていきたいと考えているときに、女優のお仕事のお話もあって。当時は、両方やっている人が少なくて、両方の世界で悩みました。ファッションの写真芸術は、自分にとって喜びで、役者は、チャレンジでした。そんな悩んでいるときに、あるカメラマンから、『両方チャレンジしていいんだよ』と言われ、ふっきれたんです。」これからも、貪欲に新しいチャレンジをし、見たことがない景色を見ることを続けていきたいという水原希子さん。

美しさとは個性。

「自分らしい美しさを問うことは、やり続けるべきだと思います。自分を大きくすることにつながるから。新しい視野も持てます。モデルも多様化し、美しさの概念も変わってきていると感じています。美しさとは個性です。いろんな人が美を表現できるとすてきだと思います。」(水原希子さん)

LUXブランドアンバサダーとして、みんなの個性を後押しできるような活動をしていきたいとのこと。そんなイメージを表現したTV-CMも放映されます。

美しいロングヘアは元気もくれる

音楽を聴いて、テンションを上げて臨んだというCMの撮影現場。

LUXのTV-CMの依頼がきたときは、かっこいい女性が出演しているCMということもあり、名誉なことと、とてもうれしかったという水原希子さん。完成したCMを見て、

「自分でいうのもなんなんですが、かっこいいと思いました。音や画像がリズムよく入ってくる感じ。ステキに仕上がっててうれしいです」という水原希子さん。

撮影現場では、音楽を聴いて、テンションを上げていたそう。また、上からのカメラ撮影で、くるってまわるのがむずかしかったとのことなので、ぜひ、CMを見たときにチェックしてみてください。

TV-CMでも、ロングの美しい髪が印象的ですが、現在、どこまで伸ばせるか、自分の中のギネスに挑戦中だそうです。

腰のあたりまで髪を伸ばすのが目標だそう。

「10年くらいボブスタイルだったんです。ボブも好きなんですが、伸ばすのも楽しいです。髪型が変わると気分も変わります。腰まで伸ばすのが、今の目標です。」(水原希子さん)

元気が出ないときに、髪をきれいにすると、外面からテンションを上げられることもあり、内面に良い影響を与えられるので、ヘアケアも大切にしているそうです。確かに、前髪が決まらないだけでブルーになる日があるのと同じで、艶髪を手に入れると、元気になれるというのは納得ですね。

BRAVEでいるためのマインドセット方法も話してくれました。

「自信がないときもあれば、やるぞというときもあります。アップダウンがあって、ダウンになった時、今までも乗り越えられたから、今回も乗り越えられる。自分をきれいにしたり、音楽を聴いたりして、アップダウンがあるのは当たり前と思って揺れ動く自分を受け入れるようにしています。」(水原希子さん)

どんな自分も受け入れられるように、なにもしない、ぼーっとする時間も大切にしているそうですよ。

☆☆☆

髪を美しくすることで一人一人が自信をもって、ちょっとでも自分を好きになって、そのことがステキな明日につながっていくことを伝えていきたいという水原希子さん。「美しさ」という固定観念に縛り付けていたのは、もしかして自分自身だったかもと改めて考える機会にもなりました。秋の夜長、ヘアケアしながら、「ありのままでいいよ」と自分に言ってみるのもいいかもしれませんね。

LUX
https://www.lux.co.jp/

取材・文/林ゆり