ビューティー&ヘルス 美髪に大事な成分「シスチン」って?最新サロントリートメントでしなやか髪を手に入れた!

以前に比べて「髪が弱くなってきた」と感じる今日この頃。髪の毛は切れやすく、指通りも悪い。夏に受けた紫外線なのか、度重なるカラーなのか、年齢なのか…。もはや思い当たる節がありすぎて、どうしたら良いのか悩んでいました。

「ダメージの原因は多様化しているんです」と教えてくれたのは、K-twoエソラ池袋店の代表・奥村一輝さん。さまざまなダメージによって髪は内側から痩せ、扱いづらい髪になっている人が増えているそうです。今回は毛髪内部の強度を上げ、しなやかな髪に導く最新サロントリートメント「バイカルテ」を体験してきたのでレポートします。覚えておきたいキーワードは「シスチン」です!

手触りが全然違う……!「バイカルテ」の最新サロントリートメント

K-twoエソラ池袋店の代表・奥村一輝さん。

バイカルテは家庭用ヘアカラーでおなじみ「hoyu」が手がける、サロン向け「ホーユープロフェッショナル」で展開されている最新ヘアケア。「素髪に導く処方箋」をコンセプトに、素髪のような自然体の美しい髪へと導いてくれます。開発協力デザイナーとして選ばれたのが、髪質改善に定評のある奥村さん。

ダメージの原因が多様化している今、従来のケアでは「サロンに行ったらきれいになるけれど、すぐに元に戻ってしまう」と、長続きしないのが一般的。そこでバイカルテは「シスチン」という成分に注目し、「持続性のあるサロントリートメント」を目指して生み出されました。

K-twoエソラ池袋店。

髪の毛の強度は「システイン」というアミノ酸が2つ結合した「シスチン」が深く関係していて、このシスチン結合が切れてしまうと髪が弱くなってしまう原因に。バイカルテでは独自の毛髪補修テクノロジー「CiP SHOT」によってこれを解決!切れてしまったシスチン結合を補修し、さらに多量のシスチンを毛髪内にダイレクトに補充&定着させることで、健康的な強さをもったしなやかな髪に導いてくれるのです。切れてしまったシスチン結合を補修する技術は現在特許申請中で、業界初の大注目技術!

CiP SHOT「シスチン補充」のフォーム。

それではK-twoエソラ池袋店で「バイカルテ」の最新サロントリートメントを体験! K-twoエソラ池袋店では髪質改善ライト(税込6,600円)」というメニューとなり、所要時間は約1時間です。

バイカルテのサロントリートメントは1剤から5剤までの5STEPですが、筆者は髪が広がりやすいので、4剤を3剤の前にもプラスして行う6STEPがベストと診断してもらいました。そんなふうに、個人の個人の髪に最適なトリートメントを行なってくれるのが、K-twoエソラ池袋店の髪質改善が人気の理由です。

トリートメントは0剤としてベース作りのシャンプーからスタート。髪質に合わせて2タイプから選択され、筆者はしっとり系の「CH+」でした。もこもこな泡感を感じつつ、癒される良い香りがふわり!みずみずしいグリーンの爽やかな香りです。

1剤はアルカリ性のミストでシスチンを浸透させる下準備。一般的なトリートメントはアルカリ性のカラーやパーマを中和させるために酸性のものが多いのですが、あえてアルカリ性にすることで髪を膨潤させ、シスチンを入りやすくします。

2剤はいよいよ「CiP SHOT」の1つ目、「シスチン補充」!泡状のフォームで髪全体に揉み込んでくれます。ここで筆者の髪に合わせて、毛髪補修成分・ナノリペア配合の4剤のフォームも投入。

CiP SHOT「シスチン定着」のクリーム。

3剤は「CiP SHOT」の2つ目、「シスチン定着」!こっくりとしたクリームをコームで丁寧に塗り、約5分温めながら待ちます。

一度洗い流してから、髪の質感を調整する4剤・5剤で最後のトリートメント。クリームの5剤は髪に合わせて2種類から選択され、広がりやすい髪の筆者はまとまるタイプ「ME」でした。

指通りが良くなる「エッセンスオイル」と、まとまる「エッセンスミルク」。

2種類のアウトバストリートメントで仕上げ。筆者の場合は乾かす前にまとまる「エッセンスミルク」をつけ、スタイリング後指通りが良くなる「エッセンスオイル」でツヤを出しました。

手触りが全然違う……!

すべての工程を終えて自分の髪を触ってみると……朝と全然違う!弾力があり、髪が明らかに強くなっているのを感じました。でも硬くなっているというわけではなく、質感は柔らか。水を掴む力や髪の水分量もUPしたので巻いたときのカールもつきやすく、スタイリングしやすくなりました。バイカルテのサロントリートメントは栄養補給系なので、1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と髪質が改善していくのも特徴です。

1 2