ビューティー&ヘルス マスク生活で自分の口臭が気になる…歯科医師が教えるコロナ禍の口臭ケアとは?

最近、マスクの下で自分の口臭が気になること、ありませんか? 実は、マスク生活では口臭が発生しやすい上に、女性は男性よりも口臭が出やすいというのです。

そう話すのは、東京医科歯科大学非常勤講師であり、複数の歯科クリニックで診療を行っている照山裕子先生。今回は、口臭の原因や口臭ケアのポイントなどを教えていただきました。

マスク生活で自分の口臭が気になる人は7割強!

第一三共ヘルスケアが、2021年8月に20代~50代の働く男女を対象に実施した「コロナ禍における人との距離とオーラルケアに対する意識と行動に関する調査」の結果、マスク生活で、4割以上が「オーラルケアへの興味・関心が高まった」と回答し、3人に1人は「オーラルケアにかける金額と時間のいずれかは増えた」と回答しました。

「Q3.歯みがき習慣や口臭ケアなど、オーラルケアへの興味・関心は高まりましたか」

また、47.7%の人が自身の口臭について「根本的なケアができている」と答えていましたが、自身の口臭について最も気になることを聞いたところ、「周囲が気づいているのか、不快にさせてはいないか」(20.3%)、「有無や強弱が分からないこと」(20.2%)、「口臭があること」(17.3%)といった回答が多く、合計77.3%が、自身の口臭について気になっていることが分かりました。

「Q7.ご自身の口臭について、最も気になることを教えてください。」

また、コロナ終息後に、マスクを外して人と会話をする際、自身の口臭が気になるか聞いたところ、6割以上(62.6%)が「気になる」と回答。男性58.8%、女性66.2%と、女性のほうがやや多い結果となりました。

女性のほうが口臭が多く出やすいのはなぜ?

この調査結果にコメントを寄せていた照山先生によれば、男性に比べて女性のほうが口臭が多く出やすいといいます。その背景を教えていただきました。

「女性は、月経周期や妊娠時・更年期など、女性ホルモンのバランスによって唾液の分泌量が左右されます。

口臭の原因は気体であるガスなので、液体である水や唾液に溶け、ニオイが軽減されます。唾液量が減ると、溶ける液体が少ないため、ニオイが強く出やすいというのはこうした原理です。

そのため、口が渇いているときはこまめに水分を摂る、耳の脇やあごなどに位置する唾液腺を指で押すなどして刺激し、分泌を促すという心がけは口臭対策に効果的です。

口臭は大きく分けて『生理的な口臭』と『病的な口臭』がありますが、ホルモンバランスによって唾液が減ることで生じる一時的なニオイであればさほど気にする必要はありません。

しかし唾液が減少し、口が渇いた状況が続くことで歯周病が進行し、病的な口臭となる可能性もあります。定期的なデンタルチェックを欠かさないことも大切です」

1 2