ビューティー&ヘルス 30代こそ美は執念!1日5分以内でOKの「HIGUCHI式 頭筋ストレッチ」基本のき

このコロナ禍では、ストレスやマスク着用などの影響で頭皮がカチカチに固くなり、肌のたるみやシワ、くすみなどに悩む女性がとても増えています。

「そんなときこそ頭皮マッサージが大切よ!」と話すのは、美容研究家で頭皮ケアのカリスマ 樋口賢介さん。樋口さんが提唱する「HIGUCHI式 頭筋ストレッチ」は簡単なのに効果絶大! と話題です。

第2回目の今回は、樋口さんに1日5分以内でできる簡単メソッドを教えていただきました。

「HIGUCHI式 頭筋ストレッチ」は別名〝クリニックに行かずにできる整形〟!

第1回目の記事でもお話したとおり、頭皮とお顔の肌は一枚皮でつながっています。頭皮がカチカチに硬くなっているとお顔全体が下がって、たるんだりシワが増えたり。頭皮の血流も滞り、髪のパサつきや薄毛、白髪の原因になるだけでなく、お顔の色もくすんで全体的に老けた印象になってしまいます。

そこで、ぜひ皆さんに今日から実践していただきたいのが「HIGUCHI式 頭筋ストレッチ」。頭皮をしっかりほぐして血流を促し、頭皮から引き上げることで若々しい美肌と美髪が手に入ります。

このコロナ禍では、マスクでお顔を隠せるからと美容整形が密かに流行っている…なんて話もよく聞きますが、お金がかかるし、痛いんじゃないかという心配もあるじゃない? 「HIGUCHI式 頭筋ストレッチ」はタダで自宅で簡単にできちゃう、言わば〝クリニックに行かずにできる整形〟。30代のうちから始めておいて絶対に損はありません!

最近はおうちで過ごすことが当たり前になり、スマホやPCを見る時間が以前と比べて圧倒的に増えているでしょ? そうすると頭に熱がこもってしまい、イライラや不眠の原因に。頭筋ストレッチには、頭をクーリングして気持ちをリラックスさせる効果もあるんです。

頭筋ストレッチは「ザビエルゾーン」「こめかみゾーン」「カチューシャゾーン」「バックゾーン」、計4つのゾーンすべてを行うのが基本。でも、時間がない日は肌悩みに直結するゾーンだけをケアするのでもOKです。

夜の洗髪後に行うのが特におすすめですが、湯船に浸かりながら、TVを観ながらなど、好きなときに行っていただいて構いません。重要なのは歯磨きみたいにコツコツと、毎日の習慣にすること。

そうすれば、冬の乾燥や春のゆらぎ、マスクあれ&マスクたるみも怖くないし、運気もアップ。キレイもハッピーもすべて手に入ること間違いなしです!

まずは「HIGUCHI式 頭筋ストレッチ」に必要な4つのパーツを覚えよう!

頭筋ストレッチで使う主な手のパーツは、「3指」「5指」「ナックリング」「手根(しゅこん)」の4つ。これを覚えておくと、ケアをスムーズに行えます。

① 3指

この企画で言う「3指」とは人差し指、中指、薬指のこと。この3本の指の腹を使ってケアします。こめかみなど、範囲の狭いパーツを的確に捉えたいときにおすすめです。

② 5指

「5指」は、親指から小指までの5本の指のこと。頭頂部や髪の生え際などの広い面は、5指の腹全体を使ってもみほぐします。

③ナックリング

「ナックリング」とは、人差し指から小指までの第一関節と第二関節の間の「面」を使って頭皮をもみほぐす手技のこと。カチカチに固くなりがちな側頭部や耳の上、後頭部のつけ根などをケアするのに便利です。

④手根(しゅこん)

親指のつけ根の膨らんだあたりを「手根」と呼びます。広範囲に適度な圧をかけられるので、後頭部のマッサージなどに最適です。

簡単6ステップ♪ 「HIGUCHI式 頭筋ストレッチ」のメソッドを伝授!

STEP1 ザビエルゾーン=顔全体の「コルセット」を最初にケアしてググッと引き上げ!
5秒間×3セット

ザビエルゾーンとは、頭頂部にある帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)のことを指すのですが、かのフランシスコ・ザビエルにちなんで名づけました。ザビエルゾーンは頭の筋肉からお顔全体を支えるコルセットのような役割を担い、ここが硬いと顔全体が下がって老けた印象になってしまいます。

ザビエルゾーンをほぐすとフェースラインのたるみや法令線、まぶたのたるみがケアされてキュッと上向きに。スピリチュアル的にはちょうど第7チャクラがあるゾーンで、ここが良い状態だと心と体のバランスが整って、運気もアップすると言われているの。

ここは、頭頂部の中心に中指がくるような感じで5指の腹を交互に押し当て、頭皮をつかんでつまみ上げるようにマッサージしましょう。ジリジリジリと音がするように&ゆっくりと呼吸をしながらほぐすのがポイントです。

ちなみに、全ステップに共通して言えることですが、頭皮はお肌以上に乾燥しているパーツなので、事前に必ず頭皮用のローションや美容液で保湿してからお手入れを始めましょう。それから、頭には毛細血管や神経が張り巡らされているので、強すぎる圧で痛くするのはNG。「気持ちいい」と思える強さでケアしてくださいね!

STEP2 こめかみゾーンをほぐせば、透明感もパッチリ目も手に入る!
各5秒間×3セット

こめかみ周辺のゾーンにはリンパ節があるので、ここをきちんとほぐし流すことで目元のシワや茶ぐま、青ぐまをケア。その上、顔色が良くなったり目元がパッチリしたり、法令線やゴルゴラインが軽減したりといいことずくめ。キレイをGETしたいなら絶対に外せないゾーンです。

まず、中指の腹がちょうどこめかみの中心に来るように、両手の3指をそろえて両方のこめかみに軽く押し当て、クルクルと引き上げるようにマッサージ。これを5秒間×3セット行って。肌をこするのではなく、その下の筋肉ごと動かすイメージで、ゆっくりと行いましょう。

次に、こめかみに3指を当てたまま、つり目になるぐらいグーッと引き上げ、引き上げきったら5秒間キープ。これも3セット。「あなたの目の位置は、本当はそんなに下じゃないのよ!」と念じながら引き上げると、驚くほどパッチリとしたデカ目になれます。

1 2