ビューティー&ヘルス 冷え・胃腸の不調・生理痛・便秘…冬のつらさを乗り切るセルフケア!漢方や薬膳ってどう?

冬に気になる冷えや食べすぎによる胃腸疲れなどの不調。一年中、生理痛や便秘に悩まされている人もいるでしょう。

そこで今回は、クラシエ薬品が先日開催した「冬場の養生」をテーマにしたセミナーの内容と、学術部員へのインタビューをもとに、冬の不調や生理痛・便秘について、中医学におけるおすすめ食材や薬膳鍋などの調理法、漢方などをご紹介します。

冬に多い不調を対策するセルフケア術

クラシエ薬品のヘルスケア事業部 学術部 課長 山本政春さんによると、冬から春にかけては、次のような症状が起こりやすいそうです。

・冷え症
・血管の収縮による血行不良
・寒暖差による疲労、自律神経の乱れ
・食べ過ぎ、飲みすぎによる胃腸疾患
・肥満症

『黄帝内経素問:四気調神大論』という東洋医学の基本的思想が書かれた古典によれば、「冬は閉蔵の季節」 「体内の陽気を洩らさないように、寒い刺激を避け、体を暖かく包む」といった内容が書かれているそうです。

そこで、山本さんがおすすめしていたのが、次の食材です。

冬におすすめの食材

くるみ・やまいも・かぼちゃ・茸・韮・黒胡麻・松の実・羊肉・牛肉・エビ・シナモン・生姜・小茴香

これらの食材を取り入れる冬の養生方法について、ヘルスケア学術部 係長の矢嶋浩平さんに詳しく伺いました。

「冬は体内の養分を逃さないようにしっかりととどめ、春に備えて蓄えることが大切です。栄養価の高いものをきちんと取り、酸味・渋味を上手に用いて養分を漏らさないようにされることをおすすめします。また食材には寒熱もありますので、できるだけ体を温める食材をとられるとよいです」

冬のおすすめ調理法

冬にはこれらの食材をどんな風に調理するのが良いのでしょうか。

「この時期は、外の寒冷の気を受けやすいため、身体の中も普段より、冷えを抱え込みやすい時期です。体の冷えは様々な不調の原因になります。生ものや冷製料理は胃腸から体を冷やしてしまうため、できるだけ温製料理で食事をされることをおすすめいたします。鍋物は非常に良いと思います」

年末年始の胃腸疲れにおすすめの食材

胃腸疲れを感じたら試してみて

年末年始は食生活の乱れが生じやすい時期。たまったストレスや疲れを感じやすいこともあります。そんなとき、胃腸疲れも起きやすいといわれています。

矢嶋さんは「年末年始の胃腸疲れには、薬はもちろんのこと、食事のコントロールも大切です。 適度な食事生活を心がけ、胃腸の働きを助ける食材を積極的にとってみてはいかがでしょうか」と次の食材を勧めます。

胃腸の疲れにおすすめの食材例

チンゲン菜、トマト、豆腐、かぶ、牛肉、さつまいも、イワシ、そら豆 など
参考)辰巳洋(2006). 薬膳素材辞典 源草社

食べ物の味と薬効

漢方では味にも薬効があると考えられているそうです。胃腸病においては、次の味と胃腸の調子が対応しているそうです。

1.苦味・辛味…胃部の停滞・詰まりを除きたいときに

2.甘味…消化吸収力を高めたいときに

自分の胃腸の調子に応じて、食材や味を意識して選ぶと良さそうです。

また、食事からの対策のほか、市販の漢方薬でも対処ができるといいます。ドラッグストアなどで購入できるので、適したものを利用するのも良いのではないでしょうか。

生理痛・便秘などよくあるお悩みのセルフケア方法

年末年始のお休み時期に、他の体調不良があれば対処しておきたいものですよね。そこで生理に関するお悩みや便秘などのセルフケア方法について、矢嶋さんにうかがいました。

生理不順や生理痛について

漢方からの対策

「漢方では、生理は子宮へ栄養が注ぎ込まれ満ちることで起こるものととらえます。このサイクルに異常をきたすことで、生理痛・生理不順が起こると考えます。

例えば、血(けつ/血液のこと)の状態や流れが悪く、時に塊を生じるような方には『桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)』という漢方、血が不足し、子宮へ満足に栄養を届けることがむずかしい方には『当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)』という漢方、ストレスをため込みやすく、精神状態で血の流れが変化する方には『加味逍遙散(かみしょうようさん)』という漢方がおすすめです。

現代医学のピル(※)のようなホルモンの視点からの治療とは異なりますが、漢方医学においても生理周期における血の調和を大切にしています」

※ピル:継続的服用することでホルモンの調節を行い、生理のサイクル・生理の症状を改善する薬

食事からの対策

「それぞれのタイプの方におすすめの食養生として、桂枝茯苓丸タイプには青魚・玉ねぎ・酢、当帰芍薬散タイプにはほうれん草・ゴマ・レバー、加味逍遙散タイプには柑橘類・ジャスミンなどがおすすめです。

参考:各処方の症状

桂枝茯苓丸:生理痛が激しい、月経血が暗紫色、月経血に大きめの血塊が混ざる、冷えのぼせ など

当帰芍薬散:生理不順(遅れ・無月経のことも)、生理痛、月経血が淡色、貧血、むくみ、足腰が冷える など

加味逍遙散:生理不順(一定でない、ストレスで変化することも)、生理痛、イライラしやすい、胸の張りが気になる など

便秘について

漢方からの対策

「便秘に効果のある漢方薬、該当処方としては、胃腸にこもった熱(口周りのニキビなどにつながる)とともに便通を改善する『調胃承気湯(ちょういじょうきとう)』、合わせて、切れ痔・イボ痔もあるようなら『乙字湯(おつじとう)』、コロコロとした硬い便には腸にうるおいを付け便通を改善する『麻子仁丸(ましにんがん)』、胃腸が冷えて動きが悪く腹痛もある方には胃腸を温めて痛みを緩和する『桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)』などがあります」

食事からの対策

「食養生としては、お腹に熱をため込みやすい方はアロエやパイナップル、お腹が冷えやすい方にはハチミツやさつまいもなどがおすすめです。この他、ストレスは腸の動きを悪くするため、ストレスをため込まないよう心がけてください」

☆☆☆

冬の不調は、年末年始のお休み期間中にしっかりとケアして、新しい年は元気いっぱいにスタートを切りたいですね。

取材・文/一ノ瀬聡子