ビューティー&ヘルス 家庭用脱毛器の風雲児!大型化した「脱毛ラボ・プロエディション」を試してみた

今や高校生や大学生でも珍しくないくらい、脱毛が「身だしなみ」レベルで浸透している昨今。コロナ禍で、脱毛サロンやクリニック通いをストップせざるを得なかった人も多いのでは?

一方で、注目を集めたのが家庭用脱毛器。プチプライスのものから、なかなかなお値段のものまで、幅広く売られていて、選ぶ基準に迷います。どれも小型で軽量化していて、取り回しもよさそうなものばかり。

…と思っていたのですが、全身脱毛サロンを運営し、同時に家庭用光脱毛機も販売している「脱毛ラボ」が発売した新作の家庭用脱毛器「脱毛ラボ・プロエディション」は、世の小型化から逆らうように、まさかのガツンと大型化! ひとつ前の商品「脱毛ラボ・ホームディション」は、他社と同様の小型製品だったので、ずいぶん思い切った方向転換です。

でも敢えて大きくしたからには、それなりのメリットがあるから踏み切ったはず!ということで、しばらくお試ししてみました!

取り出してみたら、やっぱり大きい!

こちらが箱から取り出した中身です。ちょっとしたゴミ箱くらいのサイズ感。ごっつい電源アダプター、ハンドピース、光から目を守るサングラス、ターバンがセットになっています。

電源アダプターはまるでハイスペックパソコンのよう!
ハンドピースを取り付けるアタッチメントも頑丈そう。

ハンドピース自体は、とても軽量。ハンドピース自体が本体をかねているものは、けっこう重さがありますが、これは本体が据え置き型のぶん、長時間持っていても全く疲れません。

電源を入れると、パネルで「マニュアルモード」or「オートモード」「5段階のパワー設定」「冷却設定」「残ショット数」が表示されます。最初は120万発からスタート。全身ケアで1000発と想定すると、なんと1200回分。

近ごろは親子や姉妹、お友達同士でシェアする人も多いそうなので、これだけ照射数があるといいですね。

いざ照射!冷却パワーがすごすぎて無感覚

さっそく打ってみましょう。筆者はがとくに気になるのが指毛。昔、エステ脱毛に行ってたこともあるのですが、なかなか予約が取りづらくて途中で行かなくなってしまい、全身にまばらに毛が残っている状態です。

一番弱いレベルから当ててみましたが、まったく何も感じないので、MAXパワーに。それでもクリスタル冷却と呼ばれる、照射面が直に冷えるシステムのおかげで、全く痛みを感じません。

試しに冷却ナシでMAXでやってみたところ、痛みとまではいきませんが刺激を感じたので、冷却パワーの恩恵スゴイ。

さて気になるのはどれくらいの強さで光が照射されているのか?ということですよね。2021年10月時点で、脱毛ラボのサロンで使用している業務マシンは、通常使用時は1平方センチあたり3ジュール。それに対し、脱毛ラボ・プロエディションをMAXのレベル5で使用した場合、1平方センチあたり3.67ジュールを記録したそう。

また、もうひとつ驚くのが連射スピード。筆者はハンディタイプの家庭用脱毛器を使ったことがありますが、連射スピードが遅く、面積の広い脚などをやろうとすると時間がかかりすぎて、すぐに使わなくなってしまいました。

それに対し、この脱毛ラボ・プロエディションは、さすがのハイパワー。レベル1で使用した場合は1秒につき6連射が可能。レベル5で使用した場合はもう少し遅くはなりますが、サクサク使えるのでノンストレスでした。

これは勝手な想像ですが、大型化した背景には、圧倒的なクール機能やもたもたしない連射モードなど、まるでサロンで受けているような使い心地にするには、それだけのパワーが必要だったのではないかなと思います。

実際に脱毛はできた?

結局、1か月半ほど、2週間おきくらいに使ってみました。実感しているのは、毛が生えてくるスピードが確実に遅くなってきているということ。

病院で行う医療レーザー脱毛とは異なり、光脱毛である時点で、店舗でもホームケアでも、完璧なつるつるを目指すのは難しいですが、これだけのパワーがあれば、徐々にメンテナンスすることで、毛を減らしていくことができそう。

同じ光脱毛ならば、一生懸命予約をとって密を気にしながら店舗に通うより、ハイパワーな家庭用脱毛のほうが、手軽にコツコツとケアできて、継続しやすいように感じました。

サロンでの光脱毛に挫折した方や、医療レーザーで一気にやるのはお財布的にも痛み的にも厳しいな…という方、1台買ってシェアする相手がいる方は、決して安いものではありませんが、検討の選択肢に入れてみてもよいのではないでしょうか。


脱毛ラボ・プロエディション
価格:109,989円(税込)
セット内容:本体、ハンドピース、ACアダプタ・電源コード、ほくろ隠しシール、ゴーグル、ヘアバンド
https://datsumolabo-pro-edition.jp/