ビューティー&ヘルス 話題の炭酸入り入浴剤の何が体にイイの?【前編】 〜 「炭酸系入浴剤」で2倍温まる方法

寝床のなかで足が冷たくなる季節がやってきました。冷え症も大敵ですが、冷えによって寝つきが悪くなるのも困りますよね!ただでさえ足りない睡眠時間、しっかりグッスリ寝たいもの。冬の快眠対策はやっぱり!入浴です。

とにかくお風呂に!入るだけで安眠効果あり

「忙しくてお風呂入ってる時間がない〜」という方も多いと思います。が、そんな人こそ、お風呂へゴー!そして、忙しい人の入浴効果を高めてくれるアイテムが入浴剤です。「入浴剤なんて気休めでしょー?」と思っている方も多いと思いますが、実は気休めではないのです。

入浴剤には主成分として「硫酸ナトリウム」や「炭酸ナトリウム」「炭酸水ナトリウム」などが入っているのですが、これらが皮膚表面のタンパク質と結合し、膜を形成します。この膜が皮膚からの熱の放射を防ぐため「湯冷めしにくい」(日本浴用剤工業会)という効果があります。

炭酸ガスが皮膚から血管に入って血管を広げるってホント?

美容によいとされる炭酸水人気がすっかり定着しましたが、温泉界では昔から「炭酸泉」が人気を集めておりました。そして今シーズン、入浴剤コーナーでブクブク人気上昇中なのが炭酸系入浴剤です。文字通り炭酸が入った入浴剤です。浴槽に入れるとブクブクするのは炭酸ガスです。

それにしても炭酸ガスといえばCO2。何がそんなに体にイイというのでしょうか?

バスクリンのお風呂博士、石川泰弘さんに説明してもらいました。

睡眠にも詳しいバスクリンお風呂博士の石川泰弘さん。

 

はじめにお風呂の効果から。

「お風呂に入るだけで体温が上がり血液循環が良くなります。お風呂に入った人とシャワーだけの人の“お布団に入ってからの足の冷え方”の比較実験を行ったところ、お風呂に入った人の方が早く足が温まること、また就寝後60分で副交感神経が優位になっていることがわかりました」と言います。

炭酸ガスが代謝を早める!?

1 2