ビューティー&ヘルス 健康になってキレイになる! 続けられる! 理想の入浴の条件8

仕事が忙しく、なかなか疲れがとれなくて…そんな人は、もう一度“入浴”を見直してみましょう! ズボラ女子でも続けられるキレイで健康になれる入浴のポイントを、「婦人科の賢人」、土屋眞弓さんに教わります。

健康になってキレイになる! 理想の入浴の条件8

1日1回湯船につかる

入浴の習慣を続けることで、代謝アップが期待できます。

眠る前の1時間前に入浴を済ませる

体が温まることで、神経系統が眠りに向けて整い、ぐっすり眠れるように。良質な睡眠を確保するのにおすすめです。

入浴の前後に、コップ1杯の水を飲む

入浴によって汗腺が活性化し、汗をかきやすくなるので水分補給も忘れずに。

入浴時間は20分以内

ベストな入浴時間は15~20分程度。汗が出るまで30分以上も我慢して湯船に入っている人もいますが、それはNG! 入浴は長いほどいいというわけではありません。20分以上お風呂に浸かっていると、肌に備わっている保湿のための成分が流れてしまう可能性も。

お風呂のお湯の温度は全身浴の場合40℃前後

お風呂の温度については、心地よく冷え対策にも効果的な、38~40℃程度がいいでしょう。それ以上熱いと、肌を守る成分が流失してしまうだけでなく、熱いお湯は心臓に負担をかける可能性が。
(温泉などの場合はこの例に当てはまりません。自宅の入浴の設定温度の参考にしてください。)

▼続きは次のページで!

1 2

Ranking

Information