ビューティー&ヘルス 2人に1人が妊活組! 35歳過ぎると“妊活”費用は20代の10倍に!?

赤ちゃんが欲しいと願う女性にとって、いまや“妊活”は常識に。妊娠に関する知識を増やし、自分の体調管理をすることで妊娠しやすい身体と環境をつくる“妊活”は、生まれてくる赤ちゃんのためだけでなく、母親となる女性の心と身体をケアするためにも必要なことです。

妊娠・出産・育児をトータルサポートするスマートフォン向け情報サイト『ルナルナ ファミリー』が女性1424名(妊活中602名、妊娠中376名、子育て中446名)を対象に行った調査によると、現在、妊娠中の女性の2人に1人(56.8%)が、子育て中の女性の3人に1人(32.7%)が妊活組と判明。しかも35歳を超えるとその率はぐっと上がり、妊娠中の女性の7割以上(74.2%)、子育て中の4割(39%)が妊活組という結果がわかりました。 

30歳を超えたら“妊活”を考えよう! 

ではいつから妊活を始めればいいの? みんなの妊活開始年齢を尋ねたところ、妊活中の女性は平均30.9歳、妊娠中の女性は平均29.7歳、子育て中の女性は平均29.8歳という結果に。やはり35歳の高齢出産を前に赤ちゃんが欲しいという人が多いことから、30歳前後が妊活開始の分岐点であることがわかりました。

妊活のきっかけは?(複数回答)
・子供が欲しくなったから               86.5%  
・年齢が気になり始めたから              65.9%
・卵子の老化が気になり始めたから           30.2%
・周囲の友人や親戚が子供を産み始めたから       27.6%
・流産を経験したり、婦人科系の病気にかかったから   14.1%
・月経が不規則だから                 7.1%
・検査などで妊娠しにくい体だとわかったから      6.8%
・両親や友人の勧め                  6.5%

さらに驚くことに、妊活にかかる費用も年齢を重ねるにつれて急増していくことが判明。35歳を過ぎると、20代の10倍にもなるのだとか。その真相は次ページで!

こちらも参考に ≫
◆今日から始めよう! 9つの「妊活」習慣はこちら
◆私の身体で子供は産める!? あなたの「妊娠力」をチェック!はこちら

1001kenjyo

1 2