ビューティー&ヘルス 先日、35歳になり、これから妊娠して出産するなら「高齢出産」になることが確定しました。そもそも、彼と別れたばかりで独身なのですが、いずれ子どもを産みたいと思っていますが、ニュースでは染色体異常とか流産率が高いとか、不安なことばかりあおられて、心が暗く…。はなこさん 35歳・派遣社員

 父と母と弟夫妻と誕生日を過ごしたのですが、母から「これから産んでも高齢出産。今は医学が進歩しているけれど早いに越したことはないわよね~」と何気なく言われたことがショックで。ネットで高齢出産を検索すると、リスクばかりが取りざたされていて不安になっています。40歳までには子どもを産みたいのですが、そのために知っておくことを教えてください。

A生殖機能は年齢とともに衰えますが、予防接種などリスク回避策はあります

 

 有名人が高齢出産したり、不妊治療が目覚ましく進歩したニュースが報じられ、出産を先送りする人が増えています。「今仕事で重要な時期なので」とか、「彼との時間を楽しみたい」と理由はさまざまで、人それぞれ選択の自由がありますが、本当に子どもを望む人に知っておいていただきたいのは、生殖機能は年齢とともに衰えること。

よく「体を温めて健康的な生活を送っていると妊娠力が落ちない」などという情報を信じている人が多いですが、時間は巻き戻せません。

はなこさんがどうしても子どもを産みたいと願うなら、不安を感じるよりも先に、行動を開始してください。お相手選びのこと以外に、今からでき基本的な3点を解説します。

まず、もし、はなこさんがタバコを吸っているなら、禁煙すること。タバコを吸っていると血管の老化が早まり、卵子が待機している卵巣に十分な血液が送られなくなり、妊娠機能が衰えます。

次に、激しいダイエットをしているならやめること。体重を激しく増減させると、女性ホルモンのエストロゲンがつくられにくくなります。急激に痩せたり、太ったりするとホルモンバランスに影響が出て、排卵機能に影響が出てきます。

 最後に、ストレスを溜めない生活を心がけ、ゆっくり睡眠をとること。医学的にはっきりしたことは分かっていないのですが、ストレス過多で分泌されるステロイドホルモンが出ると、妊娠率が下がる傾向があると考えられています。

 

1 2