ビューティー&ヘルス 3歳年下の妹が妊娠6か月なのですが、コーヒーは飲むし、タバコもたま~に吸っているみたいだし、ハードな仕事も続けているし……。心配でたまらないのですが、妊婦さんが避けたほうがいいことを教えてください。 あかりさん(34歳・広告代理店勤務)

授かり婚して、うち(実家)の近所に住んでいる妹と、週末一緒に買い物などに行くのですが、長時間ドライブしたり、アイスコーヒーをガブガブ飲んだり、コンビニのお菓子や、ファストフードを食べたり。塩分や精製された食材は妊娠中はNGなんですよね…??? それを注意すると“今はストレス貯める方がよくないんだよ”と軽く流されてしまいます。妹は妊娠前から喫煙者だったのですが、今も新居に行くと、タバコのニオイがすることも(妹の夫は非喫煙者)。妊婦さんが絶対やってはダメ、ということがあれば教えてください。

A禁煙することはマスト! あとは感染症に注意を

 何はなくとも、禁煙はマストです。喫煙すると、赤ちゃんに栄養が行きわたらなくなり、流産、早産、胎児発育遅延、胎盤剥離などさまざまなリスクや障害の可能性が高まります。“1日1~2本くらい”と軽視せず、なるべく禁煙を。

 

それも厳しいなら本数を減らすように……これは自分のためにも、赤ちゃんのためにもマストです。余談ですが、妊娠中は禁煙補助薬の使用はNG。ガムなどを噛みながら頑張ってください。

 

続いて、妊娠中に注意すべきなのは、感染症になる可能性が高い食材です。流産や死産の可能性が高まる「トキソプラズマ」や「リステリア」に感染するリスクがある、生肉、生ハム、生ガキ、お刺身などの生ものや、殺菌していない生乳、チーズなどを加熱せずに食べることは避けたほうがいいでしょう。

 特に、トキソプラズマに感染すると、赤ちゃんの目や脳に障害がでてしまう危険性が高まります。それに、食中毒や細菌感染をした場合、お薬での治療が制限されることも。これをまず妹さんに伝えてください。

 

1 2