ビューティー&ヘルス 真面目な頑張り屋さんほど要注意!「認めてもらえない」悩みがWithコロナで加速する

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。前回は、コロナによってずっと外出自粛という社会の流れに沿い、仕事も出勤からテレワークなどに変化したことで、外部からの指示のため選択の意思を失ってしまう「学習性無力感」についてお話させていただきました。今回は、より意欲的に行動をしていた人が陥る、「燃え尽き症候群(バーンアウト)」というメンタル不調についてお話させていただきます。

真面目な人ほどかかりやすい「燃え尽き症候群」

「燃え尽き症候群」という言葉は、皆さんどこかで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。一般的に広まっている認識は、自身の課題や目標を達成した方が次の目標を見つけることができずに無気力になってしまう、というものだと思います。

しかし、今は社会人のメンタル不調として「燃え尽き症候群」は心理学の中では周知されています。今の「Withコロナ」、または「Afterコロナ」では、この「燃え尽き症候群」を患う方が増えると予想されているからです。

今までずっと仕事を意欲的に続けた人にとって、コロナ禍での自粛生活は大きな壁となります。環境的要因(コロナが原因の経営不振による業務縮小、通勤からリモートワークなど、職場環境の変化)によって、以前の自分の場所が奪われてしまったり、評価が見えにくくなったことがきっかけだと考えられます。「もう自分ができることはない」といった諦めが芽生えてしまうのです。

そして、その諦めは「無力感」につながり、放置してしまうと状態は悪化していきます。進行度合いが強くなると絶望感が芽生え、仕事を手放してしまうことを選択する人も出てきます。

仕事の変化はあなたのせいではない

今までの居場所、やる気の源になっていたものを失ってしまったと思い込んでいる方に、考えてほしいことがあります。

それは、あなたのせいではない、ということ。コロナという環境要因によって、見えにくくなってしまっただけなのです。

人は気分が沈んでいる時ほど、さまざまなことをネガティブに考えてしまい、物事の捉え方を一方向からしか見えなくなってしまっています

そんな時は「リフレーミング」という、視点を変えて物事を見直すことを実践してみてください。「リフレーミング」は実際に心理カウンセリングで使われている方法のひとつ。今の物事を見る枠組み(フレーム)を、別の枠組みで見直すこと(リフレーム)を意味します。

1 2