ビューティー&ヘルス 親の離婚が子どもに与える影響は?心の傷を最小限に抑えるために、できること

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。コロナ禍において、「コロナ離婚」という言葉が一時広まりましたが、コロナに関係なく、離婚を選択する夫婦は一定数いらっしゃいます。今は結婚した3組に1組が離婚するとまで言われるようになり、私自身も知人の離婚話にもそう驚かないようになってきています。離婚自体は夫婦の問題であり、周りが口を出すことではありません。しかし、夫婦間に子どもがいる場合は、当人だけの問題ではなく、子どものメンタル面には最大のケアが必要です。今回は、離婚によって子どもが背負う心の傷と、絶対にしてはいけない行為から、親のすべきことについてお話させていただきます。

子どもは5歳までに、親という安心できる場所を認識していく

親の離婚が子どもに与える影響は実に多岐に渡ります。どちらに引き取られた場合であっても一人親になった時に考えられるのが、「愛着障害」と「共依存」です。「共依存」については前回お話させていただいた通り、自分よりも相手(親)を優先したり、自分よりも親を頼りにして、時には自分が思っていることとは反対の思いにさえも無理に合わせてしまい、その行動が心に影響を及ぼしてしまうというものです(詳しくはこちらをご覧ください)。一人親はどうしても親子間の関係が密になってしまい、それが依存を生んでしまうのです。

もうひとつの「愛着障害」は、幼少期に養育者(親)との間の愛着形成がうまくいかずに、大人になっても問題を抱えてしまっている状態のことを指します。子どもは赤ちゃんの頃から幼少期にかけて、親によって信頼関係や愛情を教えられます。

もちろんすべての親に該当するわけではありませんが、一人親となると生活のために仕事に時間をとられてしまうこともあり、うまく親の愛情を受け取れない子どもを作ってしまいます。そしてその子どもは愛着に障害を持ったかたちで大人になり、社会生活や対人関係に問題を抱えやすいと言われているのです。

子どもは成長していく中で親からの愛情や安心感、そして信頼感を学び、親のことを自分の安心できる場所=安全基地、だと認識していきます。この場所がちゃんとあるからこそさまざまな場所へチャレンジしていく気持ちや、自立心、自尊心が育っていきます。

幼少期の親と子どもとの時間は、大人になるための必要なステップとなりますので、一人親の場合もできるだけ一緒にいる時間を作ってあげてください。

また、一人で育てるのが厳しい場合は、自身の両親や親族、近しい関係の他人に頼っても構いません。それは、子どもにとって愛情を受ける存在が必ずしも親でなければいけない必要はないからです。しかし、育てに関わる人が頻繁に変わってしまう行為は愛着障害を招く場合があります。心理学の中では5歳までは愛着障害を引き起こす恐れがあると言われているので、子どもが5歳未満で離婚に踏み切る場合は、上記のことを覚えておいてください。

伝えるべきは、離婚は「あなたが理由ではない」ということ

子どもが6歳以降から思春期といわれる多感な時期に入ると、離婚によって与える影響はさらに増えていきます。転校や経済的な変化など直接的なものもありますが、メンタルの部分にフォーカスすると、一緒に暮らせなくなった親から捨てられたという感情を抱きやすいとされています。

ここで気をつけてほしいのが、決して子どもの前でもう一人の親の悪口は言わないこと。子どもに自分が両親をつなぎ留められなかったと罪悪感を煽ってしまう結果になり、自分のせいだと誤解する子もいます。

また、離婚時にどちらについていくか選択させる親もいますが、この行為は賛成できません。この行為もまた、子どもに選ばなかった親への罪悪感を与えてしまいます

選ばれなかった、選べなかった行為で子どもは自分の存在を否定してしまう。
1 2