ビューティー&ヘルス 原因不明の痛み・不調が続くときに疑われる、ストレス要因の病「心身症」とは?

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。皆さんの中に、身体の不調があり、病院で治療したのにも関わらず、その病気の発症の原因がわからない病を経験したことはないでしょうか。病気などではなく、例えば肩や首、腰の痛みが湿布などを処方された後も原因不明の痛みにずっと悩まされているというものもそうです。実は体の病気として表れているものの、心理社会的要因(ストレス)によって引き起こされている疾患があります。今回は実際に体への不調として表れる「心身症」についてお話させていただきます。

心身症はストレス関連疾患

心身症」は病名ではなく、病態名となります。そして、基本的には身体に症状が表れる病気です。身体のどこかに不調を感じて病院へ行き、それを医師からは別の病名として一度は診断されます。その病名が間違っているというわけではなく、その病気を発症、または悪化に心理面(ストレス)が関わっているというものを心身症と呼びます。心身症は、別名「ストレス関連疾患」と呼ばれているのです。

腰の痛みを例に出すと、腰の痛みでは整形外科を受診し、湿布薬で様子を見るように医師から診断されます。その時の診断名は「腰痛症」です。しかしその後も痛みを繰り返すようになり、脊椎精密検査など詳しく調べても体に異常がない場合には、心身症が疑われるといった流れを辿ります。

心身症は、さまざまな病気で認められます。代表的な症状は下記のようなものです。
・気管支喘息
・高血圧症
・糖尿病
・過敏性腸症候群
・慢性蕁麻疹
・円形脱毛症
・腰痛症
・心因性インポテンス
・緊張型頭痛

これらの症状はもちろん器質的な障害によって引き起こされるものもありますが、ストレスが原因で起こる症状でもあります。過敏性腸症候群は腸にポリープやがんなどの原因となるものがないのにも関わらず、下痢や便秘を繰り返してしまったり、腹痛に悩まされます。さらには、食欲不振や嘔吐などに至る場合もあります。

また、糖尿病の2型は生活習慣病だといわれていますが、ストレスが原因で眠れなくなり暴飲暴食になったことで罹ってしまうなどの発症要因があると心身症に該当します。

ストレスを抱え込むタイプがなりやすい

心身症になりやすいのは、主にアレキシサイミア(失感情症)過剰適応の2つのタイプが多いといわれています。1つずつ説明していきます。

アレキシサイミアは、性格特性のことで、自分の感情(情動)に鈍感になってしまっていて、うまく表現することができない人を指します。自分の感情を言葉で表現することも苦手です。また、相手の感情もうまく理解できないため、人間関係の構築がうまくいかない場合があります。それ故に自分の気持ちに気づかないままストレスを抱え込みやすいといった特徴があります。

もう一方の過剰適応は、言葉の通り、周囲の期待に過剰に応えてしまう人です。その時に自分の感情を抑えて、無理をしてしまいストレスを抱えてしまいます。人から頼まれごとをされると徹夜してでも相手に応えてしまうといった頑張り屋のタイプが過剰適応に該当します。

2つの両極端なタイプですが、どちらもストレスを抱え込むといった共通点を持ちます。また、ストレスに対する耐性が弱いことも共通しています。

1 2