ビューティー&ヘルス 「ASD(自閉症スペクトラム障害)」のパートナーが患う「カサンドラ症候群」とは?ならないためにできること

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。前回「ASD(自閉症スペクトラム障害)」についてご説明させていただきましたが、ASDを持つ方と、その方を支える家族や身近な人(パートナー)のコミュニケーションの行き違いによって、支える側の方たちが抱える心の問題があります。それを「カサンドラ症候群」と言います。今回はASDを支える人たちが抱える心の問題についてお話させていただきます。

「カサンドラ症候群」はASDのパートナーが患うメンタル不調

「カサンドラ症候群」とは、ASDの方の身近にいる人たち(パートナー)に心身の不調が生じる状態のことを指します。特に、ASDの方を支えようと努力しているような、夫婦、親子、恋人関係に起こる場合が多いとされています。

しかし、「カサンドラ症候群」と名称がついているものの診断名ではなく、心理学者がASDのパートナーが陥る状態について名付けた総称となり、病院で医師が判断してくれるものではありません。なので、ASDのパートナーに起こるメンタル不調には別の診断名がつきます。身体的なものから精神的なものまでありますが代表的なものでいうと、身体面では不眠、片頭痛、体重の増減など、精神面では抑うつ症状や不安障害、無力感などが挙げられます。

なぜこのようなメンタル不調を引き起こすかというと、ASDの特徴が関係しています。前回お話させていただいたものと同様になりますが、ASDには、マイペースな行動が目立ち、集団行動が苦手などの「社会性に障害傾向がある」、話の理解が難しく、相手の表情などから気持ちを読み取ることが苦手などの「コミュニケーションに障害がある」、予定が変わってしまうとパニックを起こすなど、活動の切り替えが苦手な傾向がある「強いこだわりを持っている」という3つの特徴があります。

このような特徴を持つことでパートナーなどの親しい人ともコミュニケーションがうまくできず、精神的、情緒的な相互関係を築くことが難しくなる場合があるのです。パートナーという近しい関係だからこそ、一方通行の思いが心的ストレスとなり、そのことから不安障害や抑うつなどの心の病が出てきてしまいます

1 2