ビューティー&ヘルス PMS(月経前症候群)は病気です。周囲の理解を得るためにあなたができること

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。女性なら一度は「PMS」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。PMSとは「月経前症候群(Premenstrual Syndrome)」と呼ばれるもので、月に一度の排卵から生理前にかけて起こるメンタル不調を伴う病気のことを言います。私は医師ではありませんので、生理について専門的なお話をすることはできませんが、生理前のPMSというメンタルの揺らぎへの対応の仕方、考え方について今回はお話させていただければと思います。

PMSの症状には個人差がある分、病気と認識されていない

「PMS」の症状である身体不調やメンタル不調は、生理周期に合わせた女性ホルモンの分泌量が変動によって起こるとされています。しかし、これには個人差があり、酷い症状に悩まされている方がいる一方、少しの体調変化があるだけの方もいます。

そんな個人差があるPMSですが、原因はいまだに解明には至っておらず、女性ホルモンの分泌量の変動が影響している、またそのホルモンバランスの変動により胸が張って痛くなったり、頭痛や腰痛などの体への不調が伴い、いつもならやり過ごせたイライラを我慢できなくなってしまうなど、さまざまな説があります。

PMSの症状として、下記のようなものがあります。

身体症状……頭痛、腰痛、乳房の痛み・はり、肌荒れ・にきび、疲れやすい、むくみやすい、過眠または不眠など

精神症状……イライラ(怒りっぽくなる)、情緒不安定になる、憂鬱感、倦怠感、孤独感、集中力低下、無気力など

また、激しい気分の落ち込みやパニックなど日常生活がままならないほどの症状が出る場合はPMSではなく、「PMDD(月経前不快気分障害)」という病気に該当します。

PMDDは抗うつ剤が処方されることもある深刻な疾患で、激しく落ち込む、涙が止まらなくなる、他者に対して攻撃的になる、パニックを起こすといった症状が表われます。日常生活が送れないほどの症状が出た場合は、婦人科や心療内科などの医師に相談することをおすすめします。

生理休暇がとれる会社が増えたものの、PMSは該当しないことがほとんど。
1 2