ビューティー&ヘルス 電車に乗れない、人混みが怖い……。日常生活もままならない恐怖がつきまとう「広場恐怖症」

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。以前こちらの連載で「パニック障害」を取り上げましたが、同じくパニック発作を伴う場合もある「広場恐怖症」という病気をご存知でしょうか?「パニック障害」ほどの知名度はないものの、パニック障害とセットで患う可能性もあり、重度になると日常生活を送れなくなるという辛い症状を伴います。今回は「広場恐怖症」がどのようなものなのかをご説明させていただきます。

逃げられない、助けを呼べない状況を怖れ、避けるようになる

「広場恐怖症」とは、何かをきっかけに恐怖や不安を抱いたときに、すぐに逃げられない、逃げることができない状況や場所を恐れて、その状況や場所を避けるようになる病気です。

名称に「広場」とついていますが、広い場所を恐れることではありません。その人が恐怖に感じる特定の場所や状況を指していて、地下鉄、バス、飛行機などの公共交通機関自家用車でも高速道路、トンネル、渋滞など、また、映画館、ショッピングモールなどの人混みが起こる場所に恐怖を感じる方の他、1人で外出することに恐怖を感じる場合もあり、人それぞれです。また、人前に出ることで何か失敗して恥をかくかもしれないと思い、会社の会議などに参加できないなどの症例もあります。

それぞれにある恐怖の根本として、パニックに襲われたり、身動きがとれなくなったりした場合に逃げられない、または助けは得られないという気持ちがあります。その恐怖から、該当する場所、状況を避けるようになるのです。

ある特定の状況を避けるだけで日常生活を送れる軽い症状と、状況ではなくその場所、そのものが怖くて利用できないなど重い症状があります。例えば、満員電車に恐怖があるものの、早い時間に外出して満員電車を避けることで日常生活を送れる場合もあれば、電車やバスなど公共交通機関の乗り物に乗るという行為に恐怖がある場合もあり、後者の場合は日常生活もままなりません。また、軽い症状の方でも起床時間を早めてしまうなど制限を強いられている状況であり、それが恐怖から来るものであれば辛さを伴います。

一部の場所、状況での恐怖心なので、周囲に理解されないことも多い。
1 2