ビューティー&ヘルス “繊細さん”と言われる「HSP」。5人に1人が抱える敏感さが楽になる方法を心理師がお伝えします

こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。「HSP」というワードを聞いたことはないでしょうか。度々メディアに取り上げられ、またタレントの方が自身のことを「HSP」だとカミングアウトされており、一気に知名度を上げました。「HSP」は「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」のことで、頭文字をとり「HSP」と呼ばれています。HSPは決して病気ではありませんが、生まれつき非常に感受性が強く、敏感で周りからの刺激を過度に受けやすい気質を持った方のことを指しています。よく「繊細さん」と呼ばれていることも多いのも感受性が豊だからゆえ。今回は、HSPの特徴、そして少しでも生きやすくなるためにできることをお伝えしたいと思います。

共感力、感受性が優れている

「HSP」は1996年にアメリカの心理学者のエレイン・N・アーロン氏が提唱されたもので、決して病気を表す言葉ではなく、心理学的な概念になります。統計的には全人口の15~20%、つまり5人に1人HSPの傾向を持つ方がいるとされています。

また、HSPの方には下記のような大きく分けて4つの特徴があると言われています。

物事を深く考える……場や人の空気を深く読み取る能力に長けているが、余計な部分まで考えてしまい必要以上に疲れてしまうことも

刺激を受けやすい……人だけでなく、物音、気候、においなど五感で受ける刺激を受けやすい

共感しやすい……周囲の人の感情を読み取り、自分を合わせてしまう

感受性が強い……かすかな刺激からの影響を受けてしまい、相手に過剰に同調したり、相手の考えに引きずられることがある

HSPの方は、過剰に周りの刺激を受け取ってしまう状態がいつも続いていることになります。別の言い方をすると、常に気を張って、周りに合わせようと無理をしている状態です。この状態が続くと人は疲れてしまい、HSPは病気ではないにしろ、その無理によって多くのストレスを抱えてしまい、うつなど別のメンタル不調を起こしてしまう可能性もあります。

人だけでなく、物語などにも深く共感してしまう。
1 2