ビューティー&ヘルス 免疫力を下げないために|今すぐできる!ウォーキングで体温を上げて免疫力キープ!

まだまだ先の見えない新型コロナウイルスの感染拡大ですが、ひとりひとりができることはあります。感染症に負けないためには免疫力を下げないことがとても重要。この機会に、免疫力を高める工夫をしてみましょう。どうしたら免疫力を上げられる?薬を使わない薬剤師、宇多川久美子先生に聞きました。

体温を上げれば免疫力が高まる

免疫力とは、病原体のウイルスや細菌から体を守る力のことです。免疫力が低下すると、病気になりやすく、感染症にかかりやすくなってしまいます。

体温が1度下がると、免疫力が3割低くなると言われています。逆にいえば、体温が1度上がれば、免疫力が3割アップするということです。かぜを引くと熱が出ますよね。あれは体温を上げることで免疫力を高め、体内のウイルスをやっつけようとしているからです。つまり熱が出るのは、体がウイルスと闘っているサイン。健康な人の平熱は36.5℃〜37.1℃です。平熱をしっかりキープすることは、病気になりにくい体、感染症にかかりにくい体づくりの基本です。

インフルエンザや、このたびの新型コロナウイルスも同じです。インフルエンザの場合、タミフルやイナビル、リレンザなどウイルスの増殖を抑える薬が開発されています。新型コロナウイルスにはそうした薬がありません。自分の力でウイルスをやっつけて回復するしかありません。

低体温気味の人はインナーマッスルを意識して!

健康な人の平熱は36.5℃〜37.1℃です。ところが現代人には、36.5℃より低い人が増えています。(「低体温症」は医学的には35℃以下とされています)

理由はいろいろですが、ひとつは運動量が減って筋肉量が減っていることが考えられます。現代人は、どんどん動かなくてもいい環境になっています。建物や駅にはエレベーターやエスカレーターが整備され、会社の中ではデスクの前に座ってパソコン作業。ランチは近くのコンビニで買ってきて‥‥。運動量が減り、それにつれて筋肉量も減っています。ちなみに50年前と比べると、日本人の平熱は0.7℃ほど下がっているそうです。

なぜ筋肉が体温と関係するのかというと、筋肉量が増えると基礎代謝が上がります。基礎代謝というのは、生命活動に必要な体内のエネルギーのこと。体内の新陳代謝が高いということです。新陳代謝が高ければ血流もよく、血流がよければ体温も維持されます。さらにエネルギーの消費も効率よくスムーズになるので肥満も予防、解消されますね。

1 2

Ranking

Information