ビューティー&ヘルス 【その薬、本当に必要?】穀物ダイエットが便秘の一因? 便秘薬を飲みつづけると大腸がやばい!

薬が引き起こす便秘もあります

女性の悩みで多いのは、やはり便秘です。肌荒れ、ニキビ、膨満感。食欲低下、何をするにもおっくうでユーウツな気分……つらい症状です。ついドラッグストアに並ぶ便秘薬に頼ってしまいたくなる気持ちもわかります。

はじめに市販されている便秘薬の作用について説明しましょう。便秘薬の働きは2つあり、ひとつは大腸を刺激して、蠕動(ぜんどう)運動を活発にすること。蠕動運動とは芋虫のような動きで便を前へ前へと送り出す運動です。もうひとつは、大腸内にとどまりすぎて硬くなってしまった便に水分を浸透させてやわらかくし、排出しやすくする働きです。

たとえば有名な「コーラック」にはビサコジルという大腸刺激成分としてメジャーな成分が配合されています。このほか、センナや酸化マグネシウムも便秘薬の主成分にはよく使われます。ちなみに、「コーラックⅡ」という商品にはビザコジルのほか、DSSという便に水分を浸透させやすくする成分も入っています。DSSも便秘薬の成分としてよく見られます。

市販の便秘薬は、それほど心配される副作用もなく、安心して飲める薬です。ですから、本当につらい時や、痛みもあるような時は飲んでもいいと思います。ただ他の薬と同様、便秘薬もやめられなくなると危険です。便秘薬を初めて使った時は、おそらく効果テキメンだと思います。その“成功体験”が2度目、3度目を誘います。そして、だんだん手放せなくなっていきます。

「薬が出してくれるからいいや」と腸が怠ける

しかし、どんな薬にも言えることですが、体に薬を入れることで、体が本来持っている力が削がれてしまうというマイナス面があります。便秘薬の場合、薬によって腸の動きを活発にして排出させるわけですが、それは本来、腸が自然に行う活動であり、腸のお仕事です。薬を飲みつづけていると、「薬がやってくれるからいいや」とばかりに腸が怠けることを覚えてしまいます。

それに、薬を飲みつづければ、だんだんと効き目が薄くなるので、飲む量が増えていきます。ひどくなると、ひと瓶飲んでも効かない、なんてことに。その時、腸内で起きているのは痙攣性の便秘です。大腸が痙攣して動かない状態です。それはたとえば激しい運動で痙攣を起こした筋肉に、さらに動け動け! とムチ打つようなものです。動きませんよね、いくらムチ打っても。ではどうするか? 腸の場合はまず温めることです。

1 2