ビューティー&ヘルス 【その薬、本当に必要?】かぜ薬「鼻用」「のど用」「熱用」は何が違うのですか?

季節の変わり目は体調をくずしがち。熱っぽかったり、鼻水が出たりで「かぜ、引いたかな?」なんていうとき、早めにかぜ薬を飲んでおこう、という行動様式の人が少なくないと思います。すると翌日は熱も引いて、薬、効いた気がする……。

今日はこの季節、ドラッグストアにダーッと並ぶ「かぜ薬」の効き目についてお話しします。

「かぜ薬」は基本的にどの症状にも効くようにできている

最近は「鼻用」「のど用」「熱用」など、症状別に特化されたかぜ薬が目立ちます。はじめに基礎知識として知っておいていただきたいのは、鼻用ものど用も熱用も、「総合感冒薬」であるということです。感冒とは「かぜ」のことです。総合ですから、どんなかぜ症状も対象です。実際、市販のかぜ薬のトリセツには、「鼻用」でも「のど用」でも、下記のように書かれています。

【効能】かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、のどの痛み、くしゃみ、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、 関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

つまり「鼻用」や「のど用」は発熱にも効き、「熱用」でも鼻水やのどの痛みに効くのです。では何が違うのかというと、それぞれの症状に有効な成分が配合されている、あるいは多めに配合されている、ということです。

たとえば、鼻用かぜ薬には、鼻水をやわらげるヨウ化イソプロパミド、鼻の粘膜の炎症をやわらげる抗炎症剤、くしゃみ・鼻水を抑える抗ヒスタミン剤などが配合されています。

咳止め用のかぜ薬では、リン酸コデイ、ジヒドロコデインなどの麻薬性鎮咳薬や、気管支を広げる作用があるメチルエフェドリンなどが配合されています。

一方「熱用」の場合、有効成分は解熱剤となりますが、市販のかぜ薬には主にアセトアミノフェンやイブプロフェン、エテンザミド、アスピリンなどが配合されています。最近はアミノフェン+イブプロフェンなど、複数を組み合わせているかぜ薬も増えています。

上にあげた成分は解熱・鎮痛剤とも呼ばれ、痛みに伴う炎症をやわらげる作用もあります。たとえばイブプロフェンは頭痛・生理痛薬でもおなじみの成分です。強い作用がありますので、安易に飲みつづけてはいけない成分でもあります。

解熱剤は「鼻用」にも「のど用」にも入っています。また、鼻水を抑える抗ヒスタミン剤や、咳を抑える成分などは「熱用」にも入っていることが多いです。先にも書いたとおり、総合感冒薬は「かぜの諸症状」に効くように作られているからです。

言い換えると、鼻が出るので「鼻用」を買って飲むと、解熱剤もいっしょに飲むことになります。同じく、咳が出るからと「のど用」を飲むと、解熱剤や抗ヒスタミン剤もいっしょに飲むことになります。そして発熱したときに「熱用」を飲むと、抗ヒスタミン剤や抗炎症剤、去痰剤なども飲むことになります。つまり、不要な成分も飲むことになります。

1 2