ビューティー&ヘルス 【その薬、本当に必要?】もう始まった?インフルエンザ対応法を総まとめ!

Q3 「タミフル」「リレンザ」は飲むべき?

インフルエンザの薬といえば「タミフル」「リレンザ」「イナビル」など。ただ、ひとつ認識しておくべきは、これらの薬はインフルエンザウイルスをやっつける“特効薬”ではないということ。ウイルスが体内で「それ以上は増えない」ようにする薬です。インフルエンザウイルスを殺す薬は世の中にないのです。

【その薬、本当に必要?】インフルエンザでも、かぜ薬を飲んでいいんですか?

Q4 インフルエンザワクチンは必要?

打ったところで効くかもしれないし、効かないかもしれない。それがインフエンザワクチンです。なぜかというと、インフルエンザのウイルスは毎年少しずつ型が変化していきます。しかし用意されるワクチンは昨年までのウイルスを元に培養するしかありません。そのため今年流行するウイルスと、ワクチンに入っているウイルスの型は異なります。今シーズンのウイルスに完全に合致するワクチンはありません。結論からいうと、特別な理由や事情、体力の弱い高齢者などを除いて、インフルエンザワクチンを打つ必要はないでしょう。

【その薬、本当に必要?】インフルエンザワクチン、打ったのに罹るのはなぜ!?

Q5 新薬「ゾフルーザ」と既存薬の違いは何ですか?

2018年3月にインフルエンザ新薬「ゾフルーザ」が保険適用になりました。「ゾフルーザ」は細胞内のウイルスに作用する点で、既存のインフルエンザ薬と違います。いちばん大きな違いは服用方法です。「ゾルフーザ」は錠剤で1回飲むだけ。この点は、複数回の服用が必要な「タミフル」や、鼻から吸引する「イナビル」と比べると簡単になりました。

ただ、新薬「ゾフルーザ」の働きは従来の薬と同様、ウイルスの増殖を抑えることであり、ウイルスを殺す薬ではありません。発症から48時間以内に飲まないと効果がないのも、従来の薬と同じです。

【その薬、本当に必要?】新インフルエンザ薬「ゾフルーザ」について、今から知っておいてほしいこと

(リンク先の記事はすべて配信当時の内容です)

 

もうシーズン?知っておきたいインフルエンザのこと。

賢人のまとめ

急に冷える日もあり、かぜをひいている人も少なくありません。インフルエンザなのか、かぜなのかをよく見極めて、正しく対処していきましょう。

1 2