ビューティー&ヘルス 【その薬、本当に必要?】あなたの家にもある?「メンソレータム」って何の薬?

いちばんの違いはワセリンの色

そしてもうひとつの主成分と言っていいのが、基剤のワセリンです。ご存知の通り、もっとも基本的な保湿剤です。スーッとさせて血流をよくした上にワセリンで患部を覆うことで、ひび、あかぎれを治してくれるのです。

しもやけも血行障害の一種ですから、血流をよくすることで改善します。血流がよくなるとしもやけ部分はかゆくなりますが、それをスーッとするメントールなどが鎮めてくれるというわけです。

このように考えますと、メンタームの説明書きにある大量の効能も理解できます。つまりメンソレータムおよびメンタームは、患部をスーッとさせて保湿するお薬なのです

では、ロート製薬の「メンソレータム」と近江兄弟社の「メンターム」に何か違いがあるのでしょうか?あります。いちばんの違いはワセリンの種類です。「メンソレータム」は黄色ワセリンのみを使用。一方、「メンターム」は白色ワセリンと黄色ワセリンを使用し、白色のほうが多いです。

これは薬の色を見れば一目瞭然で、「メンソレータム」のほうが少し黄色いですよね。黄色と白色の違いはワセリンの精製度の差です。白いほうが精製度が高く、プロぺトは白色ワセリンをさらに精製したものです。

なので、より精製度の高い白色ワセリンか、黄色ワセリンに入っている硫黄化合物などの成分がまた患部にいいのだと考えるか。分かれ目はそこだと思いますが、現実的にはほとんど違いはないと考えられます。

以前「オロナイン軟膏」の話をしましたが、一家にひとつの常備薬として、メンソレータム(およびメンターム)とオロナインが双璧をなしているかと思われます。どちらもいちばんの有効成分は保湿剤です。薬効にそれほど大きな差はないと思いますが、使用感とにおいが違います。

オロナインには乳化剤などが添加されているので伸びがよく、なじみやすい。一方、メンソレータム(およびメンターム)のほうはほとんど添加物を使用していないため、ワセリン特有のベタッが残ります。においのほうは、オロナインにはオロナイン特有のにおい、メンソレータムにはメントールのにおいがあります。

ひびやあかぎれで手がガサガサになってしまう方、いちばん大事なのは保湿です。その意味では、基剤がほとんど保湿剤のメンソレータムは有効だと思います。保湿剤選びの参考にしてください。

ひび、あかぎれに「メンソレータム」。べったり塗って保湿しましょう。

賢人のまとめ

切り傷、すりきず、あかぎれなど、まるで万能薬のイメージのメンソレータム(およびメンターム)ですが、主成分はカンフル、メントールなどスーッとする成分だけ。基剤はワセリン。患部をスーッとさせて、しっかり保湿。これがメンソレータムというお薬です。

1 2

賢人プロフィール

薬の賢人宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングをマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)『それでも「コレステロール薬」を飲みますか?』(河出書房新社)など。LINEお友達限定で、絶対に知っておきたい薬のリスク情報配信中。