ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】サプリも有用、不足しがちな栄養素は?

サプリは単一栄養素のほうが管理しやすい

サプリメントを利用するときに気をつけたいのは、栄養素の重複です。葉酸だけ、ビタミンDだけの単一サプリであれば、摂取量が明確にわかります。しかし複数の栄養素がセットになった商品だと、計算がしにくくなります。

たとえば妊活用の栄養素をセットにしたサプリがありますが、それには葉酸やビタミンDが含まれているものが多いです。その含有量を確認しないで、別に「葉酸」「ビタミンD」などの単一栄養素サプリを飲んだりすると、過剰摂取になる可能性があります。特にビタミンDは脂溶性ビタミンなので、過剰摂取すると、尿で排出されず、体に蓄積されるので注意が必要です

マルチビタミンをはじめ、疲れ用、肩凝り用、冷え症用などなど、さまざまな栄養素をセットにしたセットサプリが販売されています。質問者さんのように、マルチビタミンとビタミンB群のサプリを飲んでいる場合、ビタミンB群は摂りすぎかもしれませんね。

必要な栄養素が一度に飲める点ではラクですが、栄養素ひとつひとつの摂取量がわかりにくくなるのは否めません。裏面などに配合量が記載されているので、まずは裏面を確認する癖をつけてみてくださいね。妊活用などのセットになったサプリメントを飲む場合は、他のサプリメントはプラスせずに、気になる分は食材で補うといいでしょう。

忙しい妊活中。食事だけでは不足しがちな栄養素にサプリを上手に利用。

賢人のまとめ

葉酸、ビタミンD、亜鉛など、妊活中〜産後に必要とされる栄養素は、ふだんの食事から摂取できる量は限られるので、不足する分はサプリで補ってもいいですね。いろいろなサプリメントを組み合わせて飲みたい場合は、摂取量を必ず確認してから飲むようにしてください。単一栄養素のサプリのほうが計算が簡単かもしれませんね。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。