ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】不妊治療と仕事の両立の岐路は「体外受精にステップ」するタイミングで訪れる

妊活のはじめに考えておきたい「体外受精」の選択肢

そもそも、体外受精そのものが心身に負荷がかかります。費用もかかります。人生の一大事と、心に期すものは小さくはないでしょう。だからこそ「万全の態勢で臨みたい」と彼女たちは言います。

相談者の中には、もう心では退職を決意していて、あとひと押しが欲しくて私のところに相談に来られたと思われる人もいます。それでも私は一言、「本当に辞めて後悔しませんか?」と問い返します。特に30代後半、40代の方の場合、妊娠しない可能性もあります。その後のことも考えておく必要があると思うからです。

「後悔したくないんですよね」とおっしゃる方もいます。それは仕事を辞めることに対してではなく、仕事しながら体外受精の治療を並行すること、もしうまくいかなかったとき、あのとき万全の態勢ではなかったから……と後悔したくないという意味です。

かように体外受精にステップアップする前は悩み、迷います。働きながら妊活中の方、これから始める方、ぜひはじめに「体外受精にステップアップする場合のこと」も想定しておいていただきたいと思います。

体外受精までするのかどうかが不妊治療の大きなポイント。

賢人のまとめ

体外受精の治療に入ると、通院予定が自分ではコントロールできない日が多々あります。働きながら妊活する上では、はじめに体外受精までステップアップするかどうかをパートナーと話し合っておくのがベストです。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。