ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】私、不妊症かな?治療を始める前に確認しておくべきことまとめ!

Q5 夫にも不妊検査を受けてもらいたいんですが、本人が気づかなくて……。

1年経っても妊娠しない場合、その原因は夫側にある可能性もあります。今のところ、自発的に気がつく男性は少ないのが現状です。その場合、女性が不妊検査を受けるのと同じタイミングで、男性に検査を受けることを勧めたほうがいいでしょう。

近くに男性不妊の検査をしてくれる不妊クリニックがなければ、男性不妊の検査を扱っている泌尿器科で診てもらうといいでしょう。男性の不妊治療まで扱っている泌尿器科もあります。

【働きながら妊活しましょ】私、不妊かも? 早めに検査に行ったほうがいい場合とは?

【働きながら妊活しましょ】女性が悩む、不妊治療に行くタイミングはいつ?

Q6 不妊治療を始める前に、夫婦でどんな話し合いをすればいいですか?

不妊治療を行なうかどうかは、とても個人的でデリケートな話です。できれば、不妊検査を受ける前に、「不妊治療をしてまで子どもを望むかどうか」を確認しておいたほうがいいでしょう。ただし、これを確認するのは決して簡単なことではないと思います。ふたりの意見が一致している場合はいいのです。しかし、どちらかがイエスで、どちらかがノー、つまり意見が分かれている場合……。

【働きながら妊活しましょ】不妊治療について、夫婦で話し合っておきたいこと

Q7 排卵日に夫と予定が合わないんですが……。

排卵日に合わせて夫婦生活をもつタイミング法を始めたものの、夫婦ですれ違いが露見するのもこのタイミング。妊活の大きなつまずきポイントのひとつです。夫が協力的でない、やる気がない……といった悩みを抱えている妊活中の女性はかなり多いと思います。排卵予定日に「夫が飲み会で帰ってこない」とか、「仕事で遅く帰ってきて疲れて寝てしまう」……。

タイミング法の段階で大切なことは、性交は排卵予定日だけでなく、ふだんから回数を重ねるということです。それによって排卵予定日前もふだん通り過ごせますし、必要以上のストレスからも解放されます。

→【働きながら妊活しましょ】タイミング法最大のつまずきポイント「夫が協力的じゃない!」をどうする?

不妊症かも?それはふたりのライフプランを話し合うチャンスでもあります。

賢人のまとめ

不妊症かもしれないという疑問、不安を感じるのは、夫より妻のほうが早いことがほとんど。その不安を引き延ばすと悶々としてしまいます。「避妊せずに夫婦生活1年」を目安に具体的な行動に移れるよう、理想はふだんから夫婦でライフプランを話し合っておくこと。これが一番の対策でもありますが、ふたりの意見が一致しないこともよくあること。正解はありませんが、要所、要所はふたりで確認しながら妊活を進めてください。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。著書に『あきらめない妊活〜キャリアと不妊治療を両立させる方法』がある。