ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】正月ストレス回避術「いっそ帰省しない」という選択

旅行帰りにチョイ寄り、顔見せだけ

プチ帰省もありです。

「せっかくの長い連休だから今年は旅行に行く」けれど、「帰りにちょっと寄るわ」という方法です。これも実際に旅行に行くかどうかは問いません。ウソも方便です。

このポイントは「忙しいけれど、なんとか顔だけは見せに帰りましたよ」という親孝行の姿勢をアピールできることです。時間を割いて帰省しました感が色濃く演出できます。たとえば「来年の正月は北海道にスキーに行くけれど、その帰りに寄るね」、あるいは「その前にちょっと寄るね」でもいいと思います。この方法なら、実家に寄って、あいさつだけして帰ることも可能です。泊まらなくていいのです。顔だけ見せればいいのです。お年賀と、甥っ子や姪っ子がいるならお年玉を携えて行けば十分でしょう。

とはいえ、それでも帰省しなければならい人もいるでしょう。次週、それでも帰省しなければならない方へのアドバイスをお届けします。

今年は9連休!「せっかくの長い休みなので旅行に行ってきます」と言えば帰省できない理由になります。

賢人のまとめ

帰省するのは気が重いと感じているなら、いっそ帰省しない選択もアリです。この年末年始は9連休という職場も多く、「旅行に行くから」という口実もアリです。妊活中の働く女性にとって年末年始の休みは貴重です。帰省ありきではなく、ストレスを避ける方向で考えてみましょう。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。

Ranking

Information